ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.152 手当(9月28日)

「人生の目的は何か」「何のために生きるのか」という問いはよろしくないという主張を読んだ。なぜよろしくないのかは詳しく理解できていないので省略するが、ともかく「どのように生きれば、より幸福に(ドクターの場合はお気楽に)生きられるか」という問いの方が良いということだ。確かにこの問いの方が具体的な答えと言うのかやり方が浮かぶ。ドクターがこれまで「より良い定年後生活のヒント」として見つけてきた知見がそのまま役に立つ。例えば①日々やることをいっぱいにして不善な考えにふける時間をなくす、②向こうから押し寄せてくる「やらざるを得ないこと」をたんたんとこなしていく、③ぱっとしない日々の中にかすかにある小さな幸せを見つける、等だ。今回はそれに「不都合が出てきたところに手当しながらなんとか(最後まで)もたす」を加えたい。身体でも家でも物でも長く使っているとガタが来る。それに手当しながら保ち続けようというあまり積極的ともいえないかもしれない生き方だが、実際的にはこれなしでは生き延びられないし、手当も結構時間つぶしになってその間は無心でいられる。それに「お手当」というと、何かもらえたような気分にもなる、・・ことはないか。まあともかく手当しながら行くところまで行きたい。

☆愛車にガソリンを入れるドクター。ガソリン補給にオイル交換、定期点検に車検と車の維持には結構手当がいるけど、手当てすると車は調子よい。調子よい車は快適だ。

☆川から水を引いているドクター池もときどき水が出なくなる。その時にはエンジンポンプでつまりをとる手当をしなければならない。山水を待ち望んでいる金魚のためにも手当を続けたい。

 

Dr.151 あてにならない評価(9月27日)

しばらく会わない知人数人に出会った。その人たちのドクター評価は、ある人は「やせましたね」、ある人は「太ったんとちゃう」、自分自身の評価は「筋トレで筋肉ついたんちゃう」だ。また、ある人は「元気そうですね」、ある人は「現職の時の方が元気そうでしたね」、他にも「お気楽そうだ」「恐妻そうだ」「何でドクターなの」などとかく評価や関心はまちまちであてにならない。誰もそれほど他人のことを気にしてないということだ。自分自身の自分に対する評価もあてにならないのだから当然かもしれない。これからは他人や自分の評価など気にしないでマイペースで行きたい。

☆果たしてこの人は太ったのか締まったのか、まあ誰もそんなに関心ないと思いますが。

☆なぜコスモスの写真なの、評価は人によって違う。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年12月13日
    Dr.219 滅多にない経験(12月13日)
    2018年12月12日
    Dr.218 「きょうよう」「きょういく」(12月12日)
    2018年12月11日
    Dr.217 お風呂1時間(12月11日)
  • ページのトップへ戻る