ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.47 冒険とリスク

先日の指導後のファシリテーターミーティングで雨の中をコースへ出た場合、カッパなどを着ていても濡れて風邪を引いてしまう場合などの心配があるがどうするのかという話題が出た。結論としてはケースバイケース、雨の状況、参加者の装備状況、グループの状況、主催者(学校では引率先生)の意向、施設(嬉野台生涯教育センター)の方針などを総合的に判断して決めるということになったが、指導するファシリテーターの性格も大きな要素だ。参加者の安全を最優先して室内で活動すべきだという慎重派、雷や警報がなければどんどん外へ行けばよいという積極派、いろんな要素を総合的に考えて決めるが、もし雨中活動した場合は戻ってきた時、班員にタオルで汗を拭かせてから解散するという良識派、ドクターなどの成行き派等だ。この前の雨でドクター班は外へ出たが、それは外へ出る班を見た班員が浮足立ち室内の活動が難しくなったのと、雨で濡れたりカッパの上から肩を踏まれてもいいからそれでも外(冒険コース)へ行きたいという班員の声があったので外へ行った。結果雨中のウォール(壁超え)という激しい活動をやって、シャツや靴下が濡れたりカッパが破けたり手が滑ったりする危険性もあったが、無事やりとげた達成感は高かった。二日間を通した振り返りでも、多くの人がこの雨中ウォールからの学びを語っていた。ここでもう一度確認しておきたいのは、冒険にはリスクが付き物で、リスクが嫌なら冒険活動をしないのが一番だが、それでは成長がない。これは人生にも言えることで、リスクが嫌なら部屋にこもって何もしないのが良いが、それでは心が死ぬ。もちろん無謀なリスクは要らないが、冒険や人生にはリスクは付き物で、リスクは成長には必要だ。

☆晴天(好条件)の活動は気持ちが良いがリスクはやはりある。ハイリスク ハイリターン。リスクの高い活動は得るものも大きい。リスク(命にかかわるものを除く)は忌避や毛嫌いしなくてよい。

 

 

☆担任の先生もチャレンジしたクライミングウォール。これにもリスクはあるが、何事にも得るものもあれば失うものもある。計算通りいかないのが人生。まずは楽しんでやってみよう。

 

☆先入観や心配性を脱し、何事にもどんどん挑戦しようという風に持っていこうとする振り返り。誘導振り返りには気を付けたい。

 

Dr.46 思い込み打破

絶こうちょう時代にも「リミッターを外せ」と生徒たちに「自分(達)には無理という思い込み(限界)を打ち破ろう」と呼びかけて来たが、冒険教育でも参加者に一見無理そうな課題を投げかけ、知恵の出し合いや持てる力の結集によりその無理課題を打ち破るよう指導している。日常生活に帰ってからこの時の冒険体験を思い出してもらい、一見無理そうに見える人生課題をクリアしていってほしい思うからだ。この感動を強くしてもらうためには、最初本当に自分たちには不可能だと感じる課題で、でも知恵や勇気を出してやっているうちに何とかクリアできるというアクティビティ(活動・課題)をどれだけ用意できるかということが勝負だ。中でもファシリテーター自身が「(勢いで言ってしまったがードクターにはよくあることだが)さすがにこれは無理やろ」という課題がクリアできた時、ファシリテーター自身の驚きと喜びは大きく、その興奮は敏感に参加者に伝わりその感動は忘れがたいほど大きくなる。昨日も雨の中ウォール(壁越え)に中学校1年生を案内した。雨の降る滑りやすい条件でしかも時間制約もある中での挑戦だった。そんな中それまで下で支え役になっていた屈強男子を上げようということになったが、その男子を支えることができそうな体格の男子がその場には1名しかいなかった。その子にしても一人で屈強男子(体重もそこそこある)を支えることはできそうにない。その時グループの女子の中ではしっかりした体格だが一般的には普通の体形という女子が支え役を申し出、もう一人の男子と肩を出し合い、その屈強男子を上げようとした。指導していたドクターはこの女子生徒では無理だろうと思ったが、万一の場合にはいつでも手助けできる態勢でグループの活動を見守った。ところが何と他のメンバーの助けもあってその女子生徒は屈強男子を肩に載せて立ち上がった。そしてその屈強男子が壁を越えた時、グループの中に大きな歓声と感動が生まれた。一番感動したのはこのやり方では無理と思っていたドクター自身だったかもしれない。また思い込みを打ち破る大切さを子供たちに教えてもらった。

☆最初は雨の中室内でワイワイとやってたが、その内ネタも集中力も切れかけてきて、濡れてもいいから雨の中へ行こうということになった。

 

 

☆カッパを着てシーソーなんどやってましたが最後にウォールに挑戦、そこで上述のような感動的なシーンを体験して、やりきった感情と破れたカッパを着て集合場所に戻る参加者。思い込み打破感動の壁のぼりシーンは、ドクターもいっぱいいっぱいで安全確保してたためありません。残念です。

 

1 / 1112最後 »
  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年5月25日
    Dr.47 冒険とリスク
    2018年5月24日
    Dr.46 思い込み打破
    2018年5月23日
    Dr.45 ある時 ない時
  • ページのトップへ戻る