ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.182 ウオンツとニーズ(10月31日)

生涯学習NPO等が運営する三田アウトドアビレッジTEMILのオープン記念セレモニーに参加した。1講座を担当したり、パネルディスカッションのパネラーの一人でもあったが、多くの時間は参加者の一人として講演や出会いや食事を楽しませてもらった。多くの自然活動団体やよくわからない団体や個人、アクの強いおっさん(ドクター含む)らが参加していた。若者も多く、多くの若者と話したが(ドクターはおっさんよりも若者と話すのを好む。若者の男性よりも女性と話すのを好む)、彼らの意欲(大学生たちを組織して小学生の学びをサポートするとか地域課題を解決するとか、淡路の高校生を繋ぎたいとか・・)に感心し応援したいと思った。『自然体験と地域の未来』という講演の中で講師の方が「ウオンツ(自分のやりたいこと)よりも(地域の)ニーズ(地域が必要としていること)を大事にして活動してほしい」というようなことを話され、ほとんどウオンツ(自分がしたいから、やってて面白いから冒険教育をやる)だけで行動していたドクターとしては衝撃を受けた。今後はもっと地域のニーズを意識しなければならないと振り返ったり感想に書いたりした。まんざら嘘ではないが、本音としては「ウオンツでもいいやろ」「ウオンツが大事やろ」と思っている。何度か言うように、人はその人が生き生き(楽しそうに)活動しているのに感化を受けて「自分もそうなりたい」「自分もあんなことがやりたい」とあこがれる。そのあこがれこそが最も人を動かす(成長させる)と思っている。地域の課題解決という崇高な目的のためであっても、義務感に駆られた眉間にしわを寄せての活動では人は付いてこない。意欲溢れる若者たちには、自分も楽しみながら、それが地域のためににもなっているという活動を目指してほしい。ドクターとしては自分も楽しみながら参加者に感化を与えたい。感化者が育って地域を支えてくれるだろうと勝手に楽観しているお気楽なドクターでした。

☆一泊二日を過ごした部屋の快適さや食事の美味しさ、スタッフの心配りに感激するドクターといろいろおこなわれたオープンセミナー。

 

☆いろんなセッションが行われた中ドクターが行ったいつものティッシュ吹き講座。

 

Dr.181 はっけよい(10月30日)

村の神社の秋祭りがあり、子ども奉納相撲の行司役で参加した。小学生男子のちびっこ相撲は祭りのハイライトでもあり、ドクター達もやってきた伝統行事だ。もう何十年も続いているが今年の奉納相撲参加男子は1年生3人、5年生1人、6年生1人の5人だ。来年は6年生が引退するので存続の危機だ。今年も東西に分かれると東二人に西三人で東同士、西同士、6年対1年、5年対1年の取り組みもやって何とか成立した。しかし取り組みはどれも力が入った見ごたえのあるもので中には負けて悔し泣きする子まで出るほど熱いものだった。特に6年生体5年生の千秋楽の一番は大変な熱戦、大一番だった。対戦中ずっと行司役のドクターは「はっけよい のこったっー のこったー」と叫び続けた。この「はっけよい のこったー」の詳しい意味は省くが(知らないだけだが)、これを連呼していると何だか元気が湧いてくる。人生の応援歌にも聞こえた。何事にも人生の生きるヒントをつかみ取りたがるドクターとしては、負けて泣くちびっこ力士にも「人生に勝ち負けは付き物。大事なことは負けを次に生かすことだよ」と呼びかけた。泣いてる1年生には通じなかったようでその子は泣き続けていたが、いつかこの日のことを懐かしく思い出すことがあるだろう。その時にはこの経験を是非生かした人生を送っていてほしい。

☆秋晴れの中行われた村の神社の秋祭り。

 

☆盛り上がるお餅撒きと奉納相撲ちびっこ力士と人生訓好き行司ドクター。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年12月13日
    Dr.219 滅多にない経験(12月13日)
    2018年12月12日
    Dr.218 「きょうよう」「きょういく」(12月12日)
    2018年12月11日
    Dr.217 お風呂1時間(12月11日)
  • ページのトップへ戻る