ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.180 ダブル行事(10月29日)

「来る者は拒まず」でいろんな役を引き受けていると、行事が重なることがある。最初から分かっているダブルブッキングはしないように心掛けているが、役を引き受けた後から判明した日程で行事が重なることがある。先日も村の祭り準備とPTA駐車場係、市長選後援会役員会とNHK大河ドラマ推進のための地元学習会が重なった。行事が重なる場合は基本的には先約優先でやっているが、その組織の「長」をやっている場合や代役が効きにくい場合はそちらを優先することになる。「長」が欠席だと格好付かないと考えたり、自分でないと代役が効かないと思ったりしているのはドクターの勝手な思い込みで、実際には「長」がいなくても誰も気にしてなかったり、自分がいなくても何とかなるのかもしれない。「自分がいなければみんなが困る」という思いは自尊感情と結びつくが、それが強すぎると自分がしんどくなるし、そんなしんどい思いを引きずったドクターが大変な顔をして参加しても、周りもしんどくするかもしれない。ここはやはりお気楽に、「この間は参加できずにごめんなさ~い」みたいな感じで適当に出たり出なかったりしながら笑顔を第一にやっていきたい。

☆ある夜の地元学習会にちょこっと顔を出した後、市長選後援会会議に参加した。こんな二股は昔から得意とするところだった。困った奴だ。「すんませ~ん」みたいな感じで行けるかな。

Dr.179 殻を破る(10月28日)

娘の中学校の文化祭に参加した。朝の駐車場誘導係から午後三時過ぎの閉会式まで、途中抜けはあるもの文化祭を堪能させていただいた。合唱コンクールあり演劇あり展示ありの空間にいると、現職時生徒達とふざけあった高校文化祭が思い出されてならなかった。オープニングの練習風景ビデオを見ていると、中学生たちに「殻を破れ」と指導されている先生がおられることが分かった。これもまたドクターが現役時代「リミッター外せ」と生徒たちに呼びかけていたことを思い出させた。その先生もドクターも生徒たちが自分の限界を早くに決めつけてしまっていることを危惧して、これらの言葉が出たのだろう。まだまだ若い子どもたちには何事にも果敢に挑戦してほしい。どんどん挑戦しているうちに、挑戦慣れして思いもしなかった能力が自分に備わっていることが(あるいは備わってきたことが)分かってくる。ただし、若者は殻を破ったりリミッターを外したりして自分の可能性を試していけばいいが、おっさん特に定年後のおっさんはそんなに無理しない方が良い。お気楽な毎日に無理は似合わない。

☆娘の中学校の文化祭。愛用カメラは修繕中のため妻のを借りたが撮り方もアップの仕方もぎこちなく殻を破っていない。でも、中学校でも幕係のような目立たない役をしっかりやっている生徒がいて彼らにはスポットをあてたいと思った。彼らの存在に目が行くとはさすがだ。中学生にこのおっさんのような自画自賛力があれば壁は破れる。

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年12月13日
    Dr.219 滅多にない経験(12月13日)
    2018年12月12日
    Dr.218 「きょうよう」「きょういく」(12月12日)
    2018年12月11日
    Dr.217 お風呂1時間(12月11日)
  • ページのトップへ戻る