ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.197 いろんな大人(11月18日)

K中学校の土曜冒険講座の指導は冒険教育研究会のメンバーらが中心となって指導している。今回は8名ほどの指導者が参加したが、後の振り返りを聞いているといろんな個性で指導していることが分かる。子ども達がよそよそしいのはお互いを知らないからだと考え、一人一人の将来の夢を語らせそれぞれを激励する指導者。人それぞれ嫌だと思うことは違うことを立ち位置で明示させて互いの違いを理解させようとした指導者。みなさんそれぞれの活動の意図をもってやられていて素晴らしい。ドクターのように行き当たりばったりで子どもが喜べばいいと考えているいい加減な指導者(おっさん)は少数派だ。ともかく子ども達(中学生)が普段接している先生や大人とはだいぶ違ったタイプの指導者(大人)ばかりだ。大人にもいろんな人がいて、なんやかんやで活き活きと生きている。自分も周りとは違うかもしれないけど、自分の生きたいように生きていけば良いんだ、と思ってもらえるだけでも意味がある。ここは一つドクターらしくいくしかない。

☆子どもたちも休憩中や活動中の様子もみんな違う。いろんな人に接して、みんな違ってみんないいと感じてほしい。

 

 

 

 

Dr.196 ジョージ写真集(11月17日)

4月から冒険指導に行っていたK中学校の土曜講座が後2回で終わりを迎える。全10回十数名の同じメンバーを指導するというのは初めてで、それこそこの講座を引き受けること自体が冒険だった。それでも一緒に指導するファシリテーター仲間に助けられながら、何より子どもたちに助けられてここまできた。後2回となった今となっては、もうすぐ終わってしまうのが寂しい感じだ。せっかく仲良くなった子どもたちと別れなければならない。10回近く接していると、生徒一人一人の個性が見えてくる。二つの班を指導しているが、メンバーの組み合わせで全く違う味が出て、やること(アクティビィティ)も微妙に違ってくる。その中の一つの班でドクターの冒険ペット、フライングチキンのジョージを毎回写真に撮るのが習慣となっている。いろんな絵を考えてきてくれるのが嬉しい。後2回となってきたので彼女たちにこれまで撮った写真を『ジョージ写真集』にしてプレゼントしようと作ってみた。ドクターのことだから適当な出来だが、喜んでくれるだろうか。

☆こんな感じで毎回講座が終わってからジョージの写真を撮っている。これがもうすぐ無くなるのも寂しい。勿論写真撮影以上に講座内容にも力を入れていますよ。

 

 

 

1 / 812最後 »
  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年11月18日
    Dr.197 いろんな大人(11月18日)
    2018年11月17日
    Dr.196 ジョージ写真集(11月17日)
    2018年11月16日
    Dr.195 誰かが見ている(11月16日)
  • ページのトップへ戻る