ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

丹後まさとしの絶こうちょう日記

Dr.1281 変化の激しい時代(5月31日)

 現代は変化の激しい時代と言われる。いつの時代でも変化はあったように思うが、最近のテクノロジーの発達は社会の変化も早く激しくしているのだろう。

 自分の人生を振り返って、高度経済成長期に生まれて電化製品が急速に普及して働き方も変わったが、公務員・教員として働いたので経済の波はそんなに感じなかった。半面職場は高校から不登校施設、野外活動施設、特別支援学校から教育事務所、校長職と職種も立場も変化はそれなりに会ったように思う。

 退職後も冒険指導者から空き家バンク勤務、市会議員から教育長と激しく変わった。外から見れば変化が激しいように思われるだろうが、自分としてはいつでも同じ感じだ。中身はそんなに変わっていない。

 たまあに、昔の自分が書いた文章を見ることがあるが、今とあんまり変わり映えしない。中身は変わらないが(進歩がないとも言います)、自分の立場も住む社会も変化していると言えば大きく変化している。

 自分の生活はともかく、これから人生の真っただ中を生きようとする人は大変だろう。変化の激しい社会を生き抜く力を身につけなければならない。その力の中身はいろいろ言われるけど、結局自分で考え備えて行かなければならない。

 まあしかし、何時の時代でもそれなりに変化があったとすれば、そんなに怖れることはないのかもしれない。ボチボチ流れに従って、その時々に自分がやらなければならないこと、決めなければならない決定を、その時々の流れに従って、流れに導かれる方に生きて行けば、人生が動いて行くように思います。いつの時代でも、人生のいつの時期でも、自分を生かしめている大きな流れを信頼して、自分がその時その立場で出来る最善を自分らしく果たしていきましょう。出来れば笑顔で楽しみながら。またいつものような話ですみません。

 ☆ウチの村で新規就農に向けた学びをする方。この方の人生もどう展開していくのか、安心して流れに任せて行きましょう。その時はそんな話はしてませんが、今度また出会ったら激励したいと思います。大丈夫、何とかなりますよ。初めての人にも気軽に写真に応じる彼ですから、既に大丈夫だとは思いますけど。

Dr.1280 健康の有難さ(5月30日)

 おじさんにタケノコをもらって、素手で皮をむいている時、爪切したばかりの親指爪を使ってしまい、爪先がはがれた感じで(実際にははがれていませんが)凄い痛みを味わった。

 タケノコ皮むきが原因で親指爪を痛め、それだけのことでものすごく痛い。ということは、生きてると何が原因でものすごい痛みや不自由がやってくるか分からないということに気付かされた。

 周囲にも足を悪くして歩くのに杖を使ったり、足をひきづったりしている人がいる。これは目につきやすい例だが、目につきにくい所でいろんな痛みや苦労をしている人も多いことだろう。

 普段そんなに痛みも行動制限もなく暮らさせてもらっていることの有難さを改めて思った。この先いつどういう痛みや行動制限がやってくるか分からないという不安はあるが、今のところは動けていることに感謝しながら、動けるからこそ痛みがないからこそできる精一杯のことをやって、周囲の役に立つことを自分らしくやって行きたい。

 ☆公務の合間をぬって田んぼの草刈り。日陰で休憩しながら小鳥のさえずりを聞きました。作業はしんどいですけど、これが出来ていることに感謝しながら精一杯自分の特色を生かして周囲が喜ぶことに頑張り過ぎないように気を付けながらがんばります。

 

Dr.1279 悲喜こもごも(5月29日)

 大勢の人に会う機会があった。褒めてくれたり嬉しいことを言ってくれたりする人もいるが、いろいろと要求を述べたりする人もいる。

 人との付き合い、人間関係は生きてる限り続くと思うが、なかなか難しい。が、それが全くないというのも寂しいようにも思うし、人間関係なしに人間は生きていけない。

 とすれば良好な人間関係を気付きたいと思うし、出来れば出会う人の意向も大事にしたいと思う。そうしていれば、今度は人に会わせすぎると苦言を言われる。

 世の中、人付き合いはなかなか難しい。中には気の合う人もいるので、それを大事に元気を維持していきたい。

 ただ、基本は自分の人生に最後までお付き合いするのは自分だけなので、その自分が機嫌よく生きられる方法・考え方で行くのが良い。

 そんなこんなであみ出したのが、ドクター流の流れ任せ(流れ信頼)生き方なので、悲喜こもごもはあっても、一つにとらわれ過ぎないで流れに乗って進んで行こう。流れに身を任せながら、そこで出会うよしなしごとを味わいながら、行けるところまで行くしかないし、それで十分じゃないでしょうか。

 ☆いろんな人に出会う場も多くなってきました。ボチボチ行きましょう。

Dr.1278 自分に帰ってくるメッセージ(5月28日)

 先日行った研修の参加者の感想を見せてもらった。そりゃあ、悪いことは書きにくいのだと思うが、感謝やこんなことを学びましたという言葉に溢れていた。

 ドクターが力を込めて伝えたことに対する反応もあれば、ふと漏らした一言を書き留めてくれる人もあり、想像以上に多くの学びを得てくれたようだ。変な話、講師以上に学んでいる方もいると思えた。

 これは講師の力と言うより、参加者の感受性や学習能力の高さのなせる業だ。学ぶ力を持った人は何からでも学べる。

 「人から頼まれたことはやってみます」

 「今ここにいること。生かされていることに感謝します」

 「一歩踏み出す勇気を持ちます。子どもが踏み出せる環境をつくりたいです」

 「Cゾーン(快適・安心ゾーン)があるから人は頑張れるということが分かりました」

 「リスクとハザード(不必要な危険)の違いが分かりました」etc.

 こんな素晴らしい感想を頂いたら、講演で言った方としては自分自身がしっかりしなければならない。言ったことは自分にかえってくるということ。例えば、頼まれたことは引き受けなければならない。チャレンジは思い切ってしなければならない。自他の心と体の命を大切にしなければならない。

 やるべきこと。かいぜんしなければならないことは多い。「(はやる気持ちはあっても生身の人間ですから)ボチボチ行きましょう」これも言っておけばよかった。

 ☆素晴らしい感想を頂いた研修会。講師以上の力を持った参加者の皆様。感想から学んで自己の改善にチャレンジします。

 

Dr.1277 やっぱりご縁(5月27日)

 用があって滋賀県甲賀市まで車で行った。運転をしてもらった市職員の方と道中お話をした。彼が丹波篠山市に来ることになったのは、その年丹波篠山市が国体の会場の一つになって、その時の競技を彼がやっていたからだった。

 その時の国体その競技が他市で行われていたら、彼が本市に来ることもなく、ドクターと甲賀市に行くこともなかった。車中では他にも中学校部活動についてなどいろいろ興味深い話をした。

 やっぱり人生はご縁だ。彼がやっているスポーツ競技の目的にしても、大会に勝つという目的だけでなく(それを目的にすると大会が終われば目的が無くなる)、その競技を楽しむ、その競技や練習を通じて人生に大切なことを学ぶなどをめざしているというのも聞けてよかった。

 この日彼と一緒に2時間余りのドライブになったのもご縁だし、その時の会話でいろんな気付きを得られたのもご縁だ。このご縁を大事にこれからの人生に生かしたい。

 ご縁が素晴らしい出会いや気付きを与えてくれる。何の心配もしないでご縁を信頼し、ご縁が連れて来る流れに任せて人生を歩んで行きたい。皆さん誰にでも素晴らしいご縁と流れがやってきています。それに気づいて、感謝と喜びの気持ちをもって日々を生きて行きましょう。

 ☆甲賀市役所であった会議。市長さんも謙虚な素晴らしい方でした。

  • 丹後まさとしの絶こうちょう日記 ドクターのお気楽な毎日(~2020年4月)

  • アーカイブ

  • New

    2022年9月30日
    Dr.1391 一瞬掴んだ人生の真理(9月30日)
    2022年9月29日
    Dr.1390 夢がゴールではない(9月29日)
    2022年9月28日
    Dr.1389 することがあること(9月28日)
  • ページのトップへ戻る