ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.73 ネタできたやろ

徳島を一泊一人旅してきた。外国で何泊もしている〇クトマン(冒険案内人仲間)とは比べ物にならないが、ところ変われば景色も言葉(方言)も違い、見知らぬ土地で誰も知った人がいないというのは新鮮で自分を見つめる良い機会になる。自分を見つめても別に新しい発見があったわけではないが、改めて自分の行動や考え方の癖を確認できた。「根は心配性だが、最後は何とかなると適当に済ます性質」「根は寂しがりの癖に、友情維持は面倒くさがる」「相性が合うと見れば、初対面でも臆せず話しかける」「どこでも、寝て食うて走って飲んで読書独考する」などが分かった。「せやせやブログ更新用の写真撮っとかな」と思っていると、前任校のヤンチャ娘(高三生)達から電話がかかって来た。一頻り何やかやと話した後に、「(この電話でブログ)ネタできたやろ」と言った。相変わらず口は悪いが愛すべき連中だ。近日中に三田西陵高校に寄ることにした。

☆徳島ではヨットハーバー沿いの道を走った。

 

☆異国(異国の国は四国の意です)で自分を見つめたが、どこへ行ってもやることは変わらないことが分かった。

 

Dr.72 無功徳(6月28日)

二日続けて禅語で恐縮だが(最近読んでる本が「禅宗・仏教・楽な生き方」関係であることがまるわかりだが)、「無功徳(むくどく)」とは仏教的には「見返りを期待しての善行は善行ではない。見返りなどを超えたところに真の善行と功徳がある」ということらしい。これまでの人生でごく、ごく、ごく、ごっつうごくまれに、「ドクターから大きな影響を受けてます」という人が現れるが、それを聞いて嬉しくなって「それじゃもっと良いことを教えてあげましょう(そしてもっと尊敬なり影響を受けてください)」などと思ってやると、今度は大概相手の失望に終わる。こちらが何も意識しないでやったことや、しゃべったことが心に残るらしい。先日も「あの時ああおっしゃたのが心に響きました。全く同感で心の中で喝采を送りました」と言ってくれたおっさん冒険案内人がいたが、こちらが全く意識していなかったことだった。考えてみるとこれまでの教育人生でも、こちらが何もしていないと思っている生徒(後におっさんになっている人も含めて)から感謝され、この子には結構してあげた、この子とは結構一緒に活動したので覚えてくれていて当然だろうと少しでもこちらが思うような生徒からの反応は芳しくない。この「無功徳」は教育にも当てはまり、「教育(人育て)は見返りを期待しないで、ただ目の前の子とその時の最善のエネルギーで関わるのが良い」と思っている。今引き受けているいろんな役も、それが何かの見返りになるかなど考えていないが、そんな生き方が気付かないうちにいろんな功徳を頂けていているのかもしれない。感謝、感謝。

☆前に植えた黒豆苗がいつのまにか大きくなりかけている。ほんとにありがたいことだ。

 

1 / 1212最後 »
  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年11月18日
    Dr.197 いろんな大人(11月18日)
    2018年11月17日
    Dr.196 ジョージ写真集(11月17日)
    2018年11月16日
    Dr.195 誰かが見ている(11月16日)
  • ページのトップへ戻る