ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.125 余裕のよっちゃん(8月31日)

ドクターの村(12戸ほど)に若手(30代)の新規就農者がいる。先日猪柵の点検の折に彼と話すと、稲刈りが始まる前に伊勢の方面へ旅行する計画だという。「Y君、余裕のよっちゃんやな(おっさん言葉で、余裕があってうらやましいな。おっさんは毎日必死のパッチ:これもおっさん言葉だが煩瑣になるため説明は省略;で農作業やってるけどおっつかんのやけどの意味)」と言ったが、聞いてみるとこれまでは野菜の収穫(彼はハウスでトマトやキュウリ、路地でピーマン等を栽培し毎日出荷している)などで忙しく、夏休みがとれていないので、かねてから行きたかった所へ行き、あれやこれや計画しているらしい。そういえば彼は毎朝早く村にやってきて、遅くまで作業をして、市内のアパートへ帰っていく。貴重な休みなので、ぜひ実り多い旅をしてきてほしい。それにしても、ドクターの百姓仕事はテキトーでちんたらしているが、それでもこの時期は、黒豆の世話や稲刈り、脱穀、出荷、嘆息(何で自分の田の豆や稲は軟弱なのだろうとか、年々体力が落ちてきてこの先やっていけるんやろか等)で忙しい。この時期に休みを取ろうという発想は浮かばない。その点若者はさすがだ、自分から農業をしようと思ってやってきているのだが、それ以外の生活も大事にする。Y君の農繁期に休むという考えから、自分も目の前の作業に追われるだけの生活ではなく、仕事はしながらも自分のやりたいことを忘れないようにすることの大切さに気付かされた。やはり若者が近くにいるのは良い。

☆休みをとる若者とは違って、気の早いおっさんはもう一回目の稲刈りをした。タイマーセットに失敗したり、逆光やったり、いろいろ撮りなおしてるうちに作業時間が無くなり、稲刈りは途中で終了。これも余裕?かな。ちょっと無理がある「余裕のおっさん」。

 

 

Dr.124 こんなに意見が出た委員会は(8月30日)

いろんな機会にいろんなところで、「人から頼まれたことややる羽目になったことは断らない方が良い」と発言している手前、自分自身もやってくる依頼は原則引き受けるようにしている。退職後は閑と思われるのか、いろんな地域の役がどんどんやってくる。一つの役に別の役がセットで付いてくる場合もある。ありがたいことだが、用事のある時期は重なるようで忙しい時は大変だ。今年は定年初年度でもあり、校長をやっていた人ならこれぐらいはできるだろうということで役を回してくれているようなところもあるのだろう。そのうちドクターの実力が知れて、「思ったほど大したことないな」「期待外れや」ということで、バブルははじけるのではないかと期待している。そんな中、この間あった篠山市の「地元就職応援検討委員会」で、副委員長の自治会代表の方から、委員長を引き受けて会の司会を終えたドクターに、「いろんな委員会に出ますけど、こんなに有意義な意見が活発に出た委員会は初めてです。今日は良かった」というお話を頂いた。この委員会は市内に3つある高校の卒業生が市内企業に就職するように知恵を出し合う委員会で、学校関係者や企業関係者、ハローワークや福祉関係者などで構成されている。この日の委員会では、「篠山の良さを小中高生のうちから体験させる」「進学や就職で一度地元を離れた人も地元就職に関する情報が得られる情報発信が必要(実はスマホを使ったこの制度は既にできているが周知が不足しているらしい)」「地元に就職したらメリットが感じられるような戦略が必要(実はこれも地元就職すれば10万円が交付される奨励金制度が既にあるらしいが周知が不足しているようだ)」「一度地元を離れたほうが、ふるさとの良さが分かる」など、いろんな意見が出た。ドクターは司会しながら、「ほう」「それはいいですね」「それはどういうことですか」「私などが議長をしててもいいんでしょうか」などと好き勝手を言いながら好き勝手に話を進めた。予定時間は超過するし、司会がしゃべりすぎるし、意見はまあまあ出たがこんなんで良かったのかなと思っていたところに、副院長のこの発言だったので素直に嬉しかった。「ひょっとしたら自分は司会の才能があるのかもしれない」、いつものようにお気楽に自画自賛に結びつけた。

☆委員長就任あいさつをするドクター。市長も出席された会だったが、どんなに大きな会でもどなたが出席されてもあがることはない、特技はそれぐらいだ。

 

Dr.123 こんなに笑った研修は(8月29日)

久しぶりにSAP(ささやま冒険教育)の活動を行った。三田市内U特別支援学校の職員研修だ。「お気楽な生き方のヒント」というタイトルで、人生をお気楽に、幸せに生きるには、「~ねばならない」とか「絶対に~しなければ」というような硬い考え方、固定観念でなく、柔軟な発想があった方が良いよいうようなことを調子に乗って語った。なんせ教育(学び)には、「あこがれ」や「触発」が一番効くと思っているドクターだから、話の内容よりも講師が気持ちよく調子に乗ってしゃべったり好き勝手な指導をしたりして楽しんでいる姿を見てもらって、「あんなんでよく講師やってるな」「この程度の実力でもやっていけるんや」「聴衆はともかく、講師自身は楽しんではるわ」「いい年齢してようやらはるわ」とか思っていただいて、「でもあんなんでも生きていけるんやったら自分も行けそうな気がする」とか「あんなんでも楽しそうにいきてはるんやから、自分も何とかなるやろ」「退職後は自分もあんなんやろ」とか感じていただけたら最高だ。話の中身がお粗末な言い訳だが、ともかくみんなで楽しい時間が過ごせたことが大事だと思う。先生が笑顔で毎日を元気に過ごせれば、子ども達にも良い影響があるのは間違いない。その点、写真を送っていただいた旧知のF先生から「こんなに笑った研修は初めてでした」というコメントを頂いた。ドクターにとっては何よりうれしい感想だった。校長・教頭先生をはじめ関係者の皆様、ありがとうございました。何より最後まで研修にお付き合いいただいた先生方、ありがとうございました。こんな研修ができる職場、いいですね。

☆久しぶりの講演で調子に乗ってしゃべり指導するドクター。やはり、公園で一人より大勢の前での講演がいい。

 

☆F先生に送っていただいた、本邦初公開縦長の写真。縦長写真は添付できないという固定観念があったためこれまではすべて横長の写真を撮ってました。固定観念を打ち破らなくてはならないのはまず自分でした。「人に向かって語ることは自分に向かって語ること」これいつものことですね。

 

Dr.122 幸せの探求(8月28日)

ドクターが「お気楽な生き方」を目標としているということは、未だそれが達成できていないということだ。太っていない人はダイエットを目標にしたりしないし、公務員や正社員の人が安定した仕事を今の自分が求めるものの第一にしないようなものだ。「お気楽な毎日」「幸せで充実した人生」を目指していろんな本を読み、考え、模索している。そんな中で、いいなと思った考え方や実践例をこのブログで発信しているが、一番想定している読者は自分のような気がする。この間も「まあいいか」「それがどうした」「人それぞれ」というような考え方が良いと唱える本があったが、こんなことはとっくに前から自分も言っている。前から自分も言っていると言って、言い出しっぺ争いをしても仕方ないし、多分ドクターがこのような言葉を身に着けたのは誰かが言っているのを借用したんだと思うが、今の自分に合っていて、その言葉や考え方で幸せに暮らせればそれでいい。語源争いなんて「まあいいか」って感じだ。また、昨日の新聞に「今、幸せですか」と聞かれて、「はい」と答えた人の割合が85%と出ていたが、本当かしらん。世の中そんなに幸せな人が多かったのか。自分の実感より多いが、幸せな人が多いことは結構なことだ。その中で、幸せに必要なものも聞いていたが、1位が健康、2位が家族、3位が精神的ゆとり、4位が経済的ゆとり、となっていてこれは納得できる。このように「幸せな生き方」に関する話題があれば、つっこんだり納得したりして一人ワーワー盛り上がっている。ひょっとしたら、「幸せな生き方」「お気楽な人生」を探求するのが、自分にとって幸せな生き方かもしれない。

☆かなり黄化が進み刈り入れが近いドクター田。他の予定なんかもあって稲刈りはこの日にしたいという希望はあるが、雨が降ればお流れになる。考えてもどうしようもないもの(天気等)にはこだわらず、流れに従って、できるときにできることをやるのがよいのだ。これも自分に言い聞かせている。

 

Dr.121 コーエンは寂しそう(8月27日)

雨漏りの点検に来てくれた友人工務店主が奥さんに「丹後は、コーエンしてるらしい」と伝えると、奥さんはコーエンを公園ととらえて「公園(清掃の仕事)は寂しそうやね」と言ったらしい。ここには二つの誤解が重なっている。一つは奥さんが「講演(活動の仕事)」を「公園(清掃の仕事)」と勘違いされたこと、もう一つはドクターが旧友に「今何してるねん」と聞かれて「講演なんかをしてる」と答えたかどうかは定かでないが、ドクターの仕事は冒険教育の指導であって(それもあんまりないが)、講演などはこれまで1回しかしたことがないので、「講演を仕事にしているとはとても言えない」ということ。これがもし、ドクターが旧友に自分から「講演を仕事にしている」と言ったとすれば、自分自身も今の自分の置かれた状況を誤解しているということで、3重の誤解だ。でも「恋愛は美しい誤解だ」という言葉があったようななかったような気がするので、誤解はそんなに悪いものでもないかもしれない。というわけで「人生は思い通り行っていると誤解して、(陽気に)生きていくのはそんなに悪くない」というのが、今回の結論だ。ともかく、明日は三田市内の某特別支援学校で職員研修をやらせていただくことになっているが(SAP2回目の講演会か)、講演後に参加者の皆さんが「今日の講演はすばらしかった(ような気がする)」と誤解して、これを機会にどんどん講演依頼が増え、ドクターが寂しい公園生活を送らなくて済むようにならないモノかしらん。多分これも誤解だとは思うが。

☆ドクター家の屋根を点検してくれている高校時代の同級生工務店主。

☆ある教会でコーラスを聞いた。自分がここで歌っている姿は誤解でも出てこない。せいぜい客席で隠れ自撮りしてるぐらいだ。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2019年9月19日
    Dr.454 健康は手段か目的か(9月19日)
    2019年9月18日
    Dr.453 来年は良い年やで(9月18日)
    2019年9月17日
    Dr.452 季節を感じる(9月17日)
  • ページのトップへ戻る