ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

D.C.1 ドクターとは

 今日から『ささやま冒険教育』(SAP)のホームページでブログ更新をはじめます。これまで『校長先生絶こうちょう』というブログを校長生活7年間で1150回(適当ですけど)ほど更新してきた続編です。引き続きご愛読頂ければ嬉しいです。タイトルを「校長先生前こうちょう」としようとも思いましたが、いつまでも校長を引きずっているようで好ましくないので、「ドクターのお気楽な毎日」としました。『ドクター』は私の冒険ネームです。私はもちろん医者でも博士でもドクダミでもないのですが、冒険活動を始めたとき仲間の皆さんが「キャット」とか「コニタン」とか「すずめ」とか好き好きな名前を名乗られていたので、私も最初は「だんご三兄弟」とか「恐妻同盟」とか「丹波の丹後」とか名乗ってましたがいま一つしっくりこないなと思っていたところに、以前勤めていたフリースクールの生徒達が私のことを陰では「毒だんご」(食えないやつという意味らしい)、表に漏れるかもしれないときには「ドクター」(正直に「毒だんご」と言えば叱られるので隠語として使っていたらしい)と呼んでいたことを思い出し、「ドクター」を使わせてもらうことにしました。「ドクター」は呼びやすく(正確には呼ばれやすく)何か深みのある人のような印象もあり(実際には何の深みもないことはすぐにばれるとしても)とても気に入っている。生徒たちがマイナスのイメージで使っていたものを、それから逃げるのではなく逆にプラスのものにして使ってやるぞという意気込みをもって名乗ったものなので、そのマイナスをプラスに変えるという気概が自分には珍しく、今後も続いてほしいという意味で特に気に入っている。SAPも代表とはいいながら、固定メンバーがいるわけではなく、指導や講演の依頼も中島先生や生涯サポのようにあるわけではないが、0から一人というマイナスをお気楽で自由というプラスに変えていきたい。皆様にもその様子を見守っていただきたいと思います。今日からよろしくお願いします。
 ☆『ドクターのお気楽な毎日』更新中のドクターこと丹後です
 

ようこそSAP(ささやま冒険教育)へ

SAPのホームページへお越しいただきありがとうございます。

SAPはSasayama Adventure Projectの略称で、現役時代に兵庫県嬉野台生涯教育センター(加東市)でHAP(ひょうご冒険教育)を始めた丹後(冒険ネーム:ドクター)が、2018年の定年を機に丹波篠山から冒険教育を地域や世界に発信しようと始めたものです。

1年目は思ったほど指導依頼がなく暇を持て余し、関心は冒険指導と並んで「定年後をどう元気に過ごすか」が大きなテーマになってきました。自分を実験台に思考と研究を続け、「自分自身を楽にする考え方」や「具体的な時間の過ごし方」等について知見を貯め、気づいたことはその都度ブログ『ドクターのお気楽な毎日』で発信してきました。今後も冒険指導と定年後研究を二本柱に、流れでやる羽目になったことを加えて気楽で充実した定年後生活を追求していきますので、よろしくお付き合いのほどお願い申し上げます。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2019年11月14日
    Dr.506 捕まってたかもしれない体験(11月14日)
    2019年11月13日
    Dr.505 強く願えば叶う?(11月13日)
    2019年11月12日
    Dr.504 去年のブログ(11月12日)
  • ページのトップへ戻る