ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

丹後まさとしの絶こうちょう日記

Dr.1086 マグニファイ(10月19日)

いつものように朝食中にラジオ英会話をかけ流していると、滅多になく奥様が「いまの『マグニファイ』ってどういう意味」って聞いてきた。

 英語得意で通しているドクターとしては、ここぞとばかりに脳みその隅をかき回して、「そ そ そりゃ『荘厳な』やろ」と絞り出した。

 でもそれをきっかけにちょっと真面目に英会話の内容を聞いてみると、『マグニファイング グラス』で火をつけるとか何とか言っている。荘厳なグラスを飾るのなら分かるが、火は着くかなあと不安になって、スマホ辞書を引いてみると『マグニファイ』は『拡大する』みたいな意味で、『マグニファイング グラス』は虫メガネであるコトが分かった。

 そしたら『荘厳な』は何というのだろうと、さらに検索してみると、『マジェスティック』であることがわかった。

 『マグニファイ』も『マジェスティック』も英語で書くと、最初の3文字「mag」は同じだ。二つの単語は全く違うが、ちょっとだけ似たような音があるともいえなくもない。

 どっちにしても日本人の日常ではほとんど使うことはなく、ドクターも受験英語で覚えたきり、40年も50年も使わなかったと言える。50年ぶりの単語をかすかでも覚えていることを喜ぶべきか、間違ってしまった(きっちり思い出せない)ことを悲しむべきか。

 難しい所だが、どっちにしてもこんな検索をしているうちに時間を取られ、バタバタの朝となりました。いつものことですけど。

 ☆昨日の昼頃、高城山付近で見たヘリコプター。こんなん撮ってるからバタバタの勤務となりました。いつもですけど。

Dr.1085 百姓もいいけど(10月18日)

 この土日は妹一家にも手伝ってもらって、黒枝豆の作業を中心として過ごした。

 予定していた分を終えることが出来てホッとしている。作業中は何も考えないで、作業の段取りばかり進めるので、いろいろ悩まなくても良いけど、これもずっと続くとどうなんだろうと思ってしまう。

 根っからの農業の人や、定年後農業中心の人、さらには新規就農の若者まで周囲にはいるので、ずっと百姓・ずっと農業もありなわけだが、ドクターとしては百姓一本で暮らしていく覚悟はない。

 農業が嫌いなわけでもなく、家の田畑を放っておくわけにもいかないので、ボチボチ農業・健康農業は続けていくつもりだが、ずっと農業だけと言うのは無理なような気がする。

 冒険教育もそうだが、何でも面白い時はあるが、ずっとそれ一本でというのは向いてないような自分の性格に気付いてきた。それならどうする?というのが目下の課題だが、今のところの答は時や流れや運が運んできたことをやらせていただくというものだ。

 この後ずっとやってもずっと面白いものが見つかるか、ずっと面白い変化の中で生きられるかを期待しているが、そうも上手くは行きませんよね。

 ☆妹家族と一緒にやった黒枝豆作業。みなさん、ご協力ありがとう。

Dr.1084 変わりつつ(10月15日)

 かつて勤めていた嬉野台生涯教育センターの時に関わっていた兵庫教育大学の学生が今では先生になったり教育委員会へ入ったり、園長先生になったりしている。

 時が行けば立場も変わるし、活動場所も変わるし、考え方も変わるのは当然だと思う。

 いろいろ変わるけど、その人の芯の部分と言うのか変わらない部分もある。それを個性と言うのかどうかは分からないけど、生まれ持った自分らしさを持ちながら、時と共にいろんなものを変えながら生きている。

 毎日の生活にしても、仕事上でも家族上でもいろいろ変わるけど、大きく見れば毎年変わらないようなことをしているともいえる。

 結局見方による。細部にこだわり過ぎず、自分らしさを大事にしながら、大体、まあまあでいいんじゃないでしょうか。

 ☆いつもの自分の部屋から見る景色。毎日違うが毎年この時期にはこんな感じです。大きく言えば変わらない。

Dr.1083 強みをいかす(10月14日)

 市内の中学校で元タカラジェンヌで今は地域の活性化のためにがんばっている女性講師の話を聞いた。

 まだ30代の講師が、生き方や人生について分かりやすく語り、中学生に交じってこちらまで学ばせてもらった。人生経験や年齢の上の人から学ぶものと思っていた固定観念を先ず破られた。年齢に関係なく、学べる人からは学べる。

 そこで彼女が言っていたのが、自分にあるモノ(持って生まれたもの)を知って、それが強みなのでそれを活かして、みんなのために生きるということだった。

 この講師には倍率20倍のタカラジェンヌになるだけの強みがあったわけだから説得力はあるが、果たして自分の強みは何だろうとドクターとしても考えて見た。

 なかなか思いつかないが、運というのかご縁に恵まれていることだろうか。これまでの人生なかなか面白かったが、それにはあまり自分の強みがどうとかこうとか言うのではなく、流れに恵まれていたからだと思う。

   人生最後までどうなるかは分からないので油断はできないが、これまで通り、流れを信頼して、それに従って生きながら、自分の出来る貢献をしていきたい。結局、それに尽きるんでしょうか。

 若い講師から学ばせてもらった。直ぐに人の影響を受けるというのは、学びやすいという強みかもしれませんね。こんなこと考えるお気楽さが強みカモ。

 ☆いろいろ考えるきっかけを与えてくれた講師の方と悩みやすいけどお気楽でもあるドクター。

Dr.1082 心を平穏に保つ(10月13日)

 生きてると、仕事してると、いろんなことがあって、いつも心を平穏に保つのは難しい。

 自分の思いをムキになって通そうとするとしんどいし、自分の意思を何にも示さないのも何だかなという感じ。

 いろんなご縁には恵まれてきた方だと思うし、流れや天の意思は信頼しているが、ときどきやってくる心が落ち着かない状況は何のためだろうと思う時がある。

 これは自分の意思や人格を高めるために神が与えた試練と思うのが良いかもしれないと思っている。

 あんまり試練が多いとダウンしてしまいそうだが、試練がないと成長がないし、人の痛みが分からない人間になってしまう心配がある。

 人に言ったことは自分にかえってくる。自分の言ったことが一番こたえるのは自分だし、自分が一番守らなければならない。それが嫌で何も言わないというのは違う。

 これからも自他に必要な発言はしながら、いろんな厳しい状況(試練)も受け入れて(時々にしてほしいですけど)、自分を高め、心が何時も平穏にいられて機嫌よく生きられる人間を目指したい。

 ☆いつもこの風景のように心穏やかに過ごすことを目指します。そのためにはやっぱ「こだわらない」「かたよらない」「とらわれない」でしょうか。

 

  • 丹後まさとしの絶こうちょう日記 ドクターのお気楽な毎日(~2020年4月)

  • アーカイブ

  • New

    2021年10月19日
    Dr.1086 マグニファイ(10月19日)
    2021年10月18日
    Dr.1085 百姓もいいけど(10月18日)
    2021年10月15日
    Dr.1084 変わりつつ(10月15日)
  • ページのトップへ戻る