ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.234 旧年中はお世話になりました(12月31日)

いよいよ今年もラスト一日となった。ラストであろうと最初であろうと一日は一日、いつもと同じように充実して行きたいと思うが、世間が年末大晦日モードなのでなかなかいつもと同じようには過ごせない。例えばほぼ毎日行っているトレセンが休みだし、平日毎日見ている『紙兎〇ペ』も今朝はやっていなかった。夜の会合もないので寝る時刻が早くなり夜中に目が覚めた。トイレ以外で就寝途中に目が覚めるのは久しぶりだ。夜中に布団の中で紋々としていると碌なことを考えない。「人生如何に」とか「何故生きる」「生きる目的は」とか考えすぎるのは良くない、「自然体でやる流れになったことを精一杯やっていく」これが人生、特に定年後の定職無し人生の秘訣と学んだはずだ。なのに年末の世間が休みモードに乗せられ、うっかり思索の罠に掛かってしまった。でも今朝早朝の読書(おっさんの朝読)で、禅宗僧侶が「心に去来する不安や心配事は受け流せ」と言われているのを読んで安心した。放っておくと誰の心にも過去の後悔や未来の不安等悩みが訪れるのは普通の事なので、大事なことは訪れた不安や心配事をいつまでも引きずってはならないということだと教わった。それを修業と言うらしい。人に言われたことを真に受けるのはドクターの得意とするところだ。というわけで、平成30年最後の日も迷いと(一時的)悟りというこの一年を象徴するような展開で締めくくりそうだ。ともかくこの一年こんなドクターのドタバタな毎日にお付き合いいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

☆正月飾りの準備が済んだ自宅前で本年中のご愛顧への感謝とご無礼へのお詫びをするドクター。皆様のおかげで本年も面白う過ごさせていただきました。感謝。サンキュー。メルシー。

Dr.233 自分らしさ(12月30日)

年末年始の飲み会や忘年会(飲んでばかりですけど)で久しぶりに会う人が多かったが、年齢や仕事、家庭環境は変わっても話してみるとみなさん昔と変わらず、個性というのか自分らしさはそのままだ。人間の細胞は何日間かで全て入れ替わるというような話を聞いたことがあるが、年齢による変化で姿かたちは変わっても、その人の芯というのかコアな部分はあまり変わらないような気がする。楽天的な人はいつ会っても楽天的で、悲観的な人はいつも悲観的な話をし、嫌みを言う人はいつも嫌みを言う。先日は遠くからボチボチ走る姿を見て「丹後さんだと分かった」と言われた。生き方考え方はもちろん走り方やしゃべり方までその人らしさが出る。自分が考える自分らしさと他人から見た自分らしさに異なる部分もあったりして、なかなか本当の自分らしさをつかむのは難しいし、変わっていく部分もあると思う。それでもやっぱり変わらない自分らしさと言うものがあって、その変わらない部分は変わらないとすれば、それをうまく理解して付き合っていくしかない。さて問題は自分(ドクター)の自分らしさがどういうものかということだが、この齢になってもつかみ切れていない。でも今まで付き合ってきた自分だから大まかにはこんなもんだろうという思いはある。出来れば最後までこの自分らしさとうまく付き合っていきたい。

☆うちの村にも雪が降ってきていつもと違う景色だが、その下には変わらない大地がある。この土地でこの土地を活かしながら生きていく。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2019年1月22日
    Dr.255 裏方(1月22日)
    2019年1月21日
    Dr.254 野外活動フォーラム(1月21日)
    2019年1月20日
    Dr.253 アドバイス(1月19日)
  • ページのトップへ戻る