ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽ブログ

Dr.217 お風呂1時間(12月11日)

お風呂1時間と言っても早風呂のドクターのことではない。同じ村に住む同級生(彼も今年定年退職して、農業一本で生活している)が村の集会で顔を合わせた時に、「勤めに行っている妻が帰ってから作る自分の家の夕食は7時で、農作業が終わってから間があるのでお風呂に1時間入っている」と言った。風呂好きだという彼は結構この長風呂を気に入っているようだが、どう見ても毎日お風呂1時間は長すぎる。彼は勤め人の間はなかなかできなかった家業の農業をやりたいということで、再任用を断って百姓になったが、会社人の時とは時間間隔が違い苦労しているようだ。同じくフルタイム再任用をやめて自由業となったドクターとしては身近に仲間がいることを心強く思うと同時に、お互いに少しでも早くたっぷり時間があるこの生活に慣れるように祈っている。幸い祈りは得意技だ。毎日を忙しくしている人から見れば、たっぷり時間があるのは贅沢に思われるかもしれないが、毎日決まってする仕事がない中(百姓仕事はやることは結構あるが、今日必ずこれをしなければならないということはなく、自分で天気や作物の育ち具合と相談しながら予定を決めなければならない)、毎日を機嫌良く過ごせるように時間の組み立てを考えるのは結構ハードルが高い。ハードルは高くても誰でも定職が無くなった後はこの課題に挑戦しなければならない。同期より少し早くこの難題に取り組み始めたことを好機ととらえて後続のため何よりも自分のためにも道を探りたい。「僕の前に道はない僕の後に道はできる」という気概でやってみます(実際には数多くの先達隠居人がいますけど)。

☆昨日の日中に見た虹と今朝の村の夜明け。自由時間たっぷり者はこんなものが撮れる。

 

Dr.216 叩いて直す(12月10日)

百姓ドクターとして黒豆の乾燥・脱粒(乾燥した黒豆のさやから黒豆の実を取り出す作業)に精を出している。乾燥は畑で予備乾燥した枝付き黒豆を束にして自分の作業小屋にある専用の乾燥機に入れて灯油を焚いて温風で乾かす。脱粒は乾燥機で乾いた枝付き&さや付き黒豆を専用の脱粒機で粉砕して実だけ(実際には細かい枝やさやなんかも混じっている)取り出す作業だ。これを天候と相談しながら何クールか繰り返す。早く出荷するほど値段が高くなるので、それも作業を急がせる。妹や母親にも手伝ってもらいながら作業をしているが、ドクターの弱みは機械にある(他にも甘いものやお酒や女にも弱い)。機械が動かなければお手上げだ。電子機器のような繊細な機械ではないが、機械音痴のドクターとしては機械が動かなければいかんともしがたい。今回は黒豆乾燥機のスイッチが入らなかった。これまでの反省からコンセントを間違えたのではないか(作業小屋にはいくつか電圧?電流?の違うコンセントがある。いくつかコンセントがあるのは確かだが実は何が違うかもよく分かっていない)と差し込みを変えてみたりしたが動かなかった。ここは何とか念ずることによって動かしたが、今度は途中で豆が出てこなくなった。何やかやとやってみたが出てこない。これ以上運転を続けたら取り返しのつかないことになるのはこれまでの経験から分かっているので、もはやこれまで、近所の詳しい人に頼むしかないかと思っていた時、一緒に作業していた母が機械の出口を手でたたいた。「そんなことしてもあかんやろ」と言っている間に、詰まっていた豆が出始めついには大量のつまり豆が出てきて何とか作業を終了することが出来た。機械をたたくという原始的なやり方が事態を打開するとは勉強になった。人生も行き詰った時にはあれこれ考えず原始的な行動が事態を打開することにつながるかもしれない。さすが年長者から学ぶことは多い。

☆田んぼから運んだ黒豆を乾燥機で乾燥させる。これからこの入れ物いっぱいになる。

 

☆乾燥した黒豆をこの脱粒機にかけて実をとる。母がこの機会をたたいて直した。その後、実を地域共同作業場の選粒機でごみを取り除き大きなものを選ぶ。この機械も動かなければ叩いてみるか。

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年12月13日
    Dr.219 滅多にない経験(12月13日)
    2018年12月12日
    Dr.218 「きょうよう」「きょういく」(12月12日)
    2018年12月11日
    Dr.217 お風呂1時間(12月11日)
  • ページのトップへ戻る