ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.123 こんなに笑った研修は(8月29日)

久しぶりにSAP(ささやま冒険教育)の活動を行った。三田市内U特別支援学校の職員研修だ。「お気楽な生き方のヒント」というタイトルで、人生をお気楽に、幸せに生きるには、「~ねばならない」とか「絶対に~しなければ」というような硬い考え方、固定観念でなく、柔軟な発想があった方が良いよいうようなことを調子に乗って語った。なんせ教育(学び)には、「あこがれ」や「触発」が一番効くと思っているドクターだから、話の内容よりも講師が気持ちよく調子に乗ってしゃべったり好き勝手な指導をしたりして楽しんでいる姿を見てもらって、「あんなんでよく講師やってるな」「この程度の実力でもやっていけるんや」「聴衆はともかく、講師自身は楽しんではるわ」「いい年齢してようやらはるわ」とか思っていただいて、「でもあんなんでも生きていけるんやったら自分も行けそうな気がする」とか「あんなんでも楽しそうにいきてはるんやから、自分も何とかなるやろ」「退職後は自分もあんなんやろ」とか感じていただけたら最高だ。話の中身がお粗末な言い訳だが、ともかくみんなで楽しい時間が過ごせたことが大事だと思う。先生が笑顔で毎日を元気に過ごせれば、子ども達にも良い影響があるのは間違いない。その点、写真を送っていただいた旧知のF先生から「こんなに笑った研修は初めてでした」というコメントを頂いた。ドクターにとっては何よりうれしい感想だった。校長・教頭先生をはじめ関係者の皆様、ありがとうございました。何より最後まで研修にお付き合いいただいた先生方、ありがとうございました。こんな研修ができる職場、いいですね。

☆久しぶりの講演で調子に乗ってしゃべり指導するドクター。やはり、公園で一人より大勢の前での講演がいい。

 

☆F先生に送っていただいた、本邦初公開縦長の写真。縦長写真は添付できないという固定観念があったためこれまではすべて横長の写真を撮ってました。固定観念を打ち破らなくてはならないのはまず自分でした。「人に向かって語ることは自分に向かって語ること」これいつものことですね。

 

Dr.122 幸せの探求(8月28日)

ドクターが「お気楽な生き方」を目標としているということは、未だそれが達成できていないということだ。太っていない人はダイエットを目標にしたりしないし、公務員や正社員の人が安定した仕事を今の自分が求めるものの第一にしないようなものだ。「お気楽な毎日」「幸せで充実した人生」を目指していろんな本を読み、考え、模索している。そんな中で、いいなと思った考え方や実践例をこのブログで発信しているが、一番想定している読者は自分のような気がする。この間も「まあいいか」「それがどうした」「人それぞれ」というような考え方が良いと唱える本があったが、こんなことはとっくに前から自分も言っている。前から自分も言っていると言って、言い出しっぺ争いをしても仕方ないし、多分ドクターがこのような言葉を身に着けたのは誰かが言っているのを借用したんだと思うが、今の自分に合っていて、その言葉や考え方で幸せに暮らせればそれでいい。語源争いなんて「まあいいか」って感じだ。また、昨日の新聞に「今、幸せですか」と聞かれて、「はい」と答えた人の割合が85%と出ていたが、本当かしらん。世の中そんなに幸せな人が多かったのか。自分の実感より多いが、幸せな人が多いことは結構なことだ。その中で、幸せに必要なものも聞いていたが、1位が健康、2位が家族、3位が精神的ゆとり、4位が経済的ゆとり、となっていてこれは納得できる。このように「幸せな生き方」に関する話題があれば、つっこんだり納得したりして一人ワーワー盛り上がっている。ひょっとしたら、「幸せな生き方」「お気楽な人生」を探求するのが、自分にとって幸せな生き方かもしれない。

☆かなり黄化が進み刈り入れが近いドクター田。他の予定なんかもあって稲刈りはこの日にしたいという希望はあるが、雨が降ればお流れになる。考えてもどうしようもないもの(天気等)にはこだわらず、流れに従って、できるときにできることをやるのがよいのだ。これも自分に言い聞かせている。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年12月13日
    Dr.219 滅多にない経験(12月13日)
    2018年12月12日
    Dr.218 「きょうよう」「きょういく」(12月12日)
    2018年12月11日
    Dr.217 お風呂1時間(12月11日)
  • ページのトップへ戻る