ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.236 日常生活もどる(1月2日)

実家にいて帰省も妻の実家訪問もしないドクターは元日に正月行事を終え、もう今日二日からいつもの日常生活に戻った(早っ)。食事もおせちを食べつくしいつもの食事パターンだ。やることも朝の菓子パン食べながら読書、朝ランニングとセットの風呂掃除、ブログ書き(ここまで実施済み)、机の前での雑務&もの思い(年中行事などの忘備録作成、確定申告等の思案・・)、外での仕事(本日は山の草刈りの予定)、トレセン代わりの近所ランニング、一杯飲みながらの夕食、読書しながらの就寝(ここまで予定)など、いつもの通りだ。大して変わり映えしないいつもの生活を退屈しないで機嫌よく行う、これが結構難しく修業そのものとも言える。特にいつもの日常生活を機嫌よく笑顔で過ごすというのが難しい。いろんな行事や突発事項が突然やってくる現役時代はそれはそれで大変だが、代わり映えしない毎日を退屈しないで機嫌よく過ごすという修業とは無縁だ。何も大したことが起こらない定年後の毎日は考えようによっては恵まれていて「悠々自適」とも言えるが、放っておいても様々な難問奇問が訪れそのたびに一喜一憂する現役時代はある面退屈しないしやりがいがある。ここまで考えて「日々の充実には他人や過去と比較するな」という禅僧の教えを思い出す。それでは下手な考えをここで休んで今日の生活を流れに従って始めることとします。

☆代り映えしない日常生活にインスタ映えする映像もなく、庭の古木梅にもいつのまにか蕾といつも変わらず明るい表情の信楽狸とドクター。師匠はどこにでもある。

 

Dr.235 謹賀新年(1月1日)

明けましておめでとうございます。新しい年が始まりました。いろんな所への初詣やトレーニングセンター休館中の近所ランニングなどでブログ更新が夕方の今になってしまいました。今年も絶対にこれがしたいというような固い決意はありませんが、天の意志に従って自分に任されたことを楽しみながら精一杯やって行きたいと思っております。ところで丹後家では新年の初めに家族そろっての食事の前に当主のお話を聞くというのが習わしになっており、お気楽当主ドクターは「今年も家族そろって健康で生活できますように。子どもたちは進路決定の大切な年でもありますが、精一杯自分の目標に向かって努力すれば、結果は後から付いてくるので心配しないように」というような話をした。自分で言って気に入っているのが、「(精一杯やれば)結果は後から付いてくる(だから何も心配する必要はない)」というくだりだ。自分で自分のことを褒めるのが好きなのは今年も健在のようだが、結果を気にし過ぎず出来ることを出来る範囲で精一杯やれば、それで十分だし、それしかできない、というのはこれまでの人生で学んだ教訓だ。子ども達もドクターもみなさんも、結果は大事で思い通りに行ってほしいが、そう願ったからと言ってその通りに行くものではない。それなら結果は天の意志にお任せして、自分のコントロールできるところを全力でやっていくしかないじゃありませんか。で、それが出来たなら、それで上出来、それ以上は神の領域と観念して安心していきましょう。今年もこんな感じで一日が始まりました。

☆同じような写真で失礼しますが、本年もお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2019年5月25日
    Dr.351 tomorrow is another day (5月25日)
    2019年5月24日
    Dr.350 夢の跡(5月24日)
    2019年5月23日
    Dr.349 健康に感謝(5月23日)
  • ページのトップへ戻る