ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.915 魔法の言葉(2月23日)

本を読んでいると、元気がない時自分にかける魔法の言葉を持っていると言いと書いてあった。例として紹介されていたのが「たかが人生じゃないの」「それがどうしたSo what?」みたいなもので、それを言うと自分が元気になるおまじないの様な言葉のことだ。「たかが人生」「それがどうした」も良いので、ゆくゆくは自分のおまじない言葉に入れたいが、ドクターが以前から使っているものとしては「まあいいか」「しゃあない(仕方がない)」「こだわらない」「流れで生きる」みたいなのがある。ただこれらの言葉も絶えず意識していないと、辛いことやマイナス思考にやられて、なかなかこの言葉や自分を楽にする考え方ができないことがある。今朝この魔法の言葉を持つことの大事さを説いた本に出会えた流れに感謝して、自分を甘やかせて元気に行きたい。

 ☆これは以前撮った、大好きな喫茶店でのくつろぎのひと時。こんな好きな時間や言葉で自分の元気を保ちたい。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2023年6月9日
    Dr.1636 楽観性(6月9日)
    2023年6月8日
    Dr.1635 慌ただしい日々(6月8日)
    2023年6月7日
    Dr.1634 万能感?(6月7日)
  • ページのトップへ戻る