ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1881 日常のインパクト(2月29日)

 大阪の某市から来た職員に、丹波篠山の案内をした。観光客で賑わう篠山城跡前商店街や、美しい鳥居が並ぶ王子山まけきらい稲荷、無電柱化した河原町などを案内していた時、自転車で通りかかった高校生がドクター達に「こんにちは」と挨拶した。

 職員の一人が「お知り合いですか」と聞くので、「いいえ、知らない子どもです」と答えると、「知らない人にもあいさつするんですね、こちらでは。一番驚きました」と言われた。

 観光名所もインパクトはあるけど、一番相手の心を打ったのが、知らない人でも出会った人にあいさつするという、ここらあたりではよくある日常風景だった。

 ようく考えると、何事でも、特に目立った特別なことではなく、日常にあるいつもの事柄が大事と言うことだと思う。

 「(特に何が無くても)日々を機嫌よく暮らす」「出会った人には陽気に明るく挨拶をする」「陽気さと感謝の心を忘れないように生きる」など、こんな生き方がいつでも幾つになっても出来る、それこそ自分にとって大事な事であり、その生き方にふと触れた他人にもインパクトを与える(別にインパクトを与えるのが目的ではないので、与えようと与えまいとそこには気にする必要はないんですけど)ということですね。

 ☆街並みも良かったけど、一番心に残ったのは日常のあいさつだったようです。お二人との何気ない会話も楽しかったです。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年4月23日
    Dr.1930 ようく見ないと(4月23日)
    2024年4月22日
    Dr.1929 何とか行きましょう(4月22日)
    2024年4月20日
    Dr.1928 朝からバタバタしています(4月20日)
  • ページのトップへ戻る