ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1614 みんな元気にやっている(5月13日)

 昨年度まで一緒にやっていた方々の仕事場に顔を出した。仕事場が離れてしまうと、顔を合わせることはなかなかないが、皆さんそれぞれの持ち場で元気にやられているようで安心した。

 他人の心配よりも自分の心配をしなければならないほどギリギリの状態でやっているのが実情だが、それでもかつて仲良くやっていた人が、別の場所でも自分の特性を生かして元気にやられているのは嬉しいことだ。

 考えて見れば、普段あまり見かけることは無くても、ドクターの知らない人々が、夫々の持ち場で自分の仕事に打ち込まれている。それだからこそ、世の中が回っている。自分が見聞きする世間はそのうちのごく狭い範囲だ。多くの人のお陰で社会が動いている、そのことに気付くことが出来たという意味でも、普段自分がいる世界と違う世界(職場)を覗けたのは良かった。

 ギリギリの状態でやっているドクターも、時に余裕のありそうな話をすることもある。昨日の校長会では「大変な事案にも丁寧に対応していれば、それが後日良い方向に繋がることがある」みたいな話を、自分の校長時代の経験を入れて話しした。その事案当時の真っただ中では、ホントに大変な状態だったが、後から考えればそれがのちの人生に生かされることがあったという話。

  今の綱渡り状態の日常も、後から振り返れば、それがあったから後の自分の人生に生きてきたと言えるようになるのだろうか。いろいろと考えるきっかけを与えてくれた、元同僚の現職場訪問、温かく迎えてく下さって嬉しかったです。これからもこんなご縁が広がりますように。

 ☆また新しい出会いでご縁の輪が広がって行くのかな。これまでのご縁を大事にしながら、新しいご縁も大切にしていきたいと思います。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年4月18日
    Dr.1926 比較的穏やかな日(4月18日)
    2024年4月17日
    Dr.1925 ご縁を活かすには(1月17日)
    2024年4月16日
    Dr.1924 時間の経過(4月16日)
  • ページのトップへ戻る