ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.827 言行不一致(11月19日)

講演会やいろんな機会に「(頼む人はあなたを見込んで頼むのだから)人から頼まれたことは出来るだけ引き受けよう」と言っている。自分では無理だと思っていることや最初気乗りしないことでもやってみると意外と面白い、自分に合ってると思うこともある。自分の可能性を広げることにもつながるので、先ずはやってみようと言っているし、実際その通りだと思っている。でも現実的には、何でもかんでも引き受けてると身動き取れなくなるし、時間や出費が膨大になることがある。従ってどこかで線引きをせざるを得ない。こうした実際を知りながら「人から頼まれたことは先ず引き受けよう」と呼びかけているのは、自分を過小評価して自分の可能性を狭めている人が多いと思うからだが、言ったことは自分に返ってくる。自分が言う以上、自分もどんな役でも引き受けなければならない。そんなこんなで随分多くの役をやらせていただいているが、今回また新たにある会(怪しいものではなく、伝統もあるボランティア団体)に入会しないかというお話を頂いた。その会の活動には全面的に賛同するのだが、これ以上出なければならない時間が増えると、ちょとゆっくりする時間が無くなってしまう。他にもここには書きにくい事情もあって、今回は参加はお断りする方向だ。これでは言行不一致、言ってることとやってることが違うと責められても仕方がない。これを機に今後は「頼まれたことは断らない」という提案はしないようにしたい。あまり前向きな解決策でないような気がするが、生きていればこんなこともある。まあ、こんな決断をするようになったのも流れと観念し、ぼつぼつ行きたい。でも、「出来るだけやれることはやる」(あんまり過度にならない範囲で)という貢献の精神は忘れないようにしたい。

 ☆学校訪問で見かけた、ある小学校の廊下に置いてあった水盆。こんな感じで役を引き受けるのが賑やかでいいが、これもこれ以上多くなると美しくない。何でも「ほどほど」が大事だ。これは良い断る口実に結びついた。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
    2020年11月22日
    Dr.829 新たな発想(11月22日)
  • ページのトップへ戻る