ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.769 自然学校HAP(9月12日)

久しぶりに嬉野台生涯教育センターの冒険教育(HAP)指導に出かけた。コロナ禍で短縮された自然学校の1日冒険教育の指導だ。17年ほど前にHAPを始めたドクターとしては、ここはホームグランドであり、子供好きとしては久しぶりの小学生との触れ合いは楽しいものだった。ただマスク着用や手の消毒や密接にならない配慮などコロナ対策をしながらの指導、さらには蒸し暑い残暑に雨での場所の移動など、久しぶりの割には結構ハードルは高かった。それでも加古川市の比較的少人数のこの学校の5年生は、人懐っこく、笑顔も素敵で、最後の振り返りでは多くのことを学んでくれたことが分かって嬉しかった。さらには指導見習いに来ていた野外活動家が、ドクターの「初めは目立つがやがて消えていく指導」という言葉に感銘を受けたと言ってくれて嬉しかった。さらにさらに、引率で来られていた先生の中にドクターと同じ名前の丹後先生(女性)という方がおられてさらに嬉しかった。その方が話しやすい方で、さらにさらにさらに良かった。こうして久しぶりの嬉野台自然学校HAP指導は満足のうちに終えることが出来たのだが、ドクターの心の中では冒険教育の指導をメインにする生活は本年度が最後という思いも芽生えている。それは、議員活動に力を注がなければならないのはもちろん、何事にも終わりがあって、いつ終わるかどうかは流れで決めるというドクター流の生き方による。ただ本年度からHAP担当をされるセンター職員の方が「(私が担当するであろう)後2年は講師登録をしてくださいよ」という言葉もあって、もう少しは冒険教育に関わりながら流れを見極めたい。

 ☆久しぶりに自然学校HAPの指導を行ったドクター。いつまで指導を続けるかは、寿命や今後の人生と同じく流れ重視で決まって行く。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月22日
    Dr.779 定年本(9月22日)
    2020年9月21日
    Dr.778 定年ぼっち(9月21日)
    2020年9月20日
    Dr.777 レジリエンス(9月20日)
  • ページのトップへ戻る