ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.487 家のとうき(10月26日)

「家のとうき」と言っても、うちの家が焼き物で出来ているという「陶器の家」でも、我が家の雪対策など「冬期の家」の話でもなく、ドクターの住んでいる家を登記申請したという話だ。家の登記をしたと言っても家を新築したという豪勢な話でなく、これまでからずっと住んでいる築40年以上になる我が家をやっと登記しようとしているのだ。それでは今までどうなっていたかというと、平成26年に亡くなった親父の名義のままだった。なぜ今まで放っておいたかと言えば、土地は直ぐに相続登記したが、住宅の登記を見ると曾祖父や本家の先祖、その他にも知らない人の名前があったり、もっと言えば今ない建物がいっぱいあって、どうしていいか分からずそのままにしていた。要するに親父も一部を除いてそのままにしていたということだろう。このままでは家を売ろうにも売れないし(今のところ売る予定はありませんが)、後の世代になると余計に分からなくなるだろうと、この際気合を入れて、専門家の助言も受けながら現況の家の状況を登記し直そうと思ったわけです。その第一陣として、親父名義になっている部分をドクター名義に登記し直そうとしている。後は滅失登記とか何とかややこしい部分は専門家に任そうと思っている。話がややこしくなってきたが、要するに家の登記申請を自分でやろうと近くの法務局へ行って申請したら何とか受け付けてもらえて嬉しかったという話です。この申請をするだけでも結構何種類も書類を整えなければならないのでなかなか大変で、それが受け付けてもらえたのは、ひと仕事をやり終えた感じでちょっと達成感がある。やっぱり家の登記でも冒険教育でもなんでもがんばった後はちょっと達成感が来ますね。やっぱり時々は頑張ってみるのもいいもんだ。毎日は勘弁してほしいけど。
 ☆法務局へ家の登記申請をしに行って、何とか受け付けてもらえたのを喜ぶドクター。何でもがんばったことの結果が出れば嬉しいものです。このブログ更新・写真掲載も昨日はなかなかうまく行かず、今日は今のところスムーズで後は「公開する」タブを押すだけだけど、これがうまくアップできればこれも嬉しいです。上手く行きますように。それっ

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月22日
    Dr.779 定年本(9月22日)
    2020年9月21日
    Dr.778 定年ぼっち(9月21日)
    2020年9月20日
    Dr.777 レジリエンス(9月20日)
  • ページのトップへ戻る