ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.333 平成最後の日(5月1日)

今日は令和(初めて入力しました)最初の日だが、昨日の平成最後の日は連勤の合間を縫って田植えの準備(代かき)でした。年末年始に年が改まる時や誕生日に一つ年齢をとる時と同じようにいつもの連続した時間が続いている。改元は年末年始や誕生日よりも大きな節目だとは思うが、自分としてはいつもの時間の延長と言う感じだ。きっとこの調子でこの世からあの世に行く時も特に気張ったりせず、普段の日常の延長で事果てるのだと思うし、そうありたい。節目を祝い大事にするのもそれはそれでよいと思うが、最後の日であろうと最初の日であろうと、いつもの日と同じように大切な日である。ドクター的には生きている日は大切なものだからと言って気合を入れ過ぎず(それではもたないので)、たんたんと、やるべきことを自分のできる範囲で出来る範囲の力でやっていく。これしかないし、これで十分だと思う。いつもの生き方を評価していただければそれはそれで嬉しくありがたいことだが、人の評価ばかりを意識せず自分の納得感を大事に時を紡いでいきたい。年号の変わる節目にそう考えた。これってつまりは節目を意識しているってこと。節目もいつもの日も変わらず大事と言っておきながら、節目ならではのことを言う。年号が変わってもドクターのいい加減さは変わらないようです。
 ☆平成最後の日は代かき。いつもの時間が流れていますが、この日にドクタートラクターの新車がデビューしました。でも1日作業すれば新車も汚れいつものトラクターに(トラクターは仕事をすれば汚れるのが通常の状態)、ドクターもいつものようにテキトーに全力で一日を過ごしました。節目を超えて自分らしく時を紡いでいきたいと思います。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2021年3月3日
    Dr.921 お詫びと今申し上げられること(3月3日)
    2021年3月2日
    Dr.920 一歩踏み出す勇気(3月2日)
    2021年2月27日
    Dr.919 現場はやっぱり良い(2月27日)
  • ページのトップへ戻る