ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.276 話しかける(2月22日)

この間居酒屋のカウンター席で隣になった人(50代男性)に話しかけた。「この店にはよく来るんですか」「前から気になってたんですけど入るのは今日が初めてです」「私はしょっちゅうは来ないですけど来店歴は長いですよ」「この店は何がおいしいですか」「ここはおでんの店ですよ。夏でもおでんです」「よく飲まれるようですけど身体には気を付けてください」「い い 医者ですか」と話は続き、聞いてみるとこの方は昨年お父様を亡くされ、もっと早くに検診を受けていれば良かったと悔やまれていて、美味しいおでんのネタを教えたドクターに親近感をもたれ早期定期検診を勧めてくれたようだ。その後も定年後の過ごし方や篠山市の話題などで楽しいちょっとした時間を過ごした。このところ運転免許違反者講習や退職校長仲間飲み会に半強制参加させられた若手女子など初めて会った人と話をする機会が続いている。馴染みの人との会話もいいが、このような初めての人との話も結構楽しいことが分かった。定年後定職場がない人の楽しみの一つに初めての人との軽い会話を加えたい。これもなかなかいいのだが、そのためにはいろんな機会に知らない人にもこちらから話しかける勇気と言うのか癖が必要だ。それとこの人は話しかけても大丈夫だという人を見る力も要る。でもそんなに難しく考えないでも、話しかけやすい人は大体雰囲気で分かり、時には向こうから話しかけてきたりする。こちらも話しやすいお調子者というのが相手にもすぐに分かるのだろう。

 ☆神戸の夜景と隙があれば自撮りしたがるドクター。電車の駅内に貼ってあったミスワールドポスター。こんな写真を駅で撮ってると「話しかけやすい人」というよりは「危ない人」と相手はすぐわかるだろう。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月26日
    Dr.833 レベルの低い感謝(11月26日)
    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
  • ページのトップへ戻る