ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.217 お風呂1時間(12月11日)

お風呂1時間と言っても早風呂のドクターのことではない。同じ村に住む同級生(彼も今年定年退職して、農業一本で生活している)が村の集会で顔を合わせた時に、「勤めに行っている妻が帰ってから作る自分の家の夕食は7時で、農作業が終わってから間があるのでお風呂に1時間入っている」と言った。風呂好きだという彼は結構この長風呂を気に入っているようだが、どう見ても毎日お風呂1時間は長すぎる。彼は勤め人の間はなかなかできなかった家業の農業をやりたいということで、再任用を断って百姓になったが、会社人の時とは時間間隔が違い苦労しているようだ。同じくフルタイム再任用をやめて自由業となったドクターとしては身近に仲間がいることを心強く思うと同時に、お互いに少しでも早くたっぷり時間があるこの生活に慣れるように祈っている。幸い祈りは得意技だ。毎日を忙しくしている人から見れば、たっぷり時間があるのは贅沢に思われるかもしれないが、毎日決まってする仕事がない中(百姓仕事はやることは結構あるが、今日必ずこれをしなければならないということはなく、自分で天気や作物の育ち具合と相談しながら予定を決めなければならない)、毎日を機嫌良く過ごせるように時間の組み立てを考えるのは結構ハードルが高い。ハードルは高くても誰でも定職が無くなった後はこの課題に挑戦しなければならない。同期より少し早くこの難題に取り組み始めたことを好機ととらえて後続のため何よりも自分のためにも道を探りたい。「僕の前に道はない僕の後に道はできる」という気概でやってみます(実際には数多くの先達隠居人がいますけど)。

☆昨日の日中に見た虹と今朝の村の夜明け。自由時間たっぷり者はこんなものが撮れる。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年12月5日
    Dr.841 人並みサプリ(12月5日)
    2020年12月4日
    Dr.840 予定通りには行かない(12月4日)
    2020年12月3日
    Dr.839 セコイ性格(12月3日)
  • ページのトップへ戻る