ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1995 教えを受ける(7月3日)

 人生の先輩から、生き方や仕事の仕方に関する教えを頂いた。時にユーモアも交えながら、優しく、しかし大事なことはしっかりと思いを込めて語っていただいたので、よく身に染みた。

 お話の内容は、その通りと思うことがほとんどだが、なかなか凡庸なドクターには、直ぐに同じようにできるかと言われれば自信がない。しかし、教えていただいた大切な精神は、自分なりに取り入れ、改善につなげたい。

 学ばせてもらったことの大きな一つが、その語り口だ。こうせよと一方的に命じるのではなく、自分はこう考えて、こうしてきた。自分も先輩からこういう風に学んできた。あなたにもいいところがあるが、よりこうした方が良いのでは、と言うような伝え方は、聞く方に反感ではなく共感を呼び、自分もできるだけ、先輩に近づきたい、同じようにはできないかもしれないが、自分なりに改善していきたいという気持ちにさせられた。

 なかなかこういう風には語れない。ドクターも含めて、夫々の人の生き方や性格もあるだろうから、みんながみんな同じようにはできないとは思うが、「生き方」に関する本を読むように、自分に取り入れられるところは取り入れ、改善とより生き易い生き方を探っていきます。

 この頃、ドクターの境地にある「一日一生」「良いことも悪いことも受け入れて、自分にできる最善をやっていく。それ以上のことはできないので、後は『流れとご縁』を受け入れていく」こうした生き方をより確かなものにして行きたい。

 ☆雲の中に立つ高城山のように、自分の生き方を立てて行きたいです。皆様の生き方はどうですか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年7月14日
    Dr2006 丹後変わってへんな(7月14日)
    2024年7月13日
    Dr.2005 貢献について(7月13日)
    2024年7月12日
    Dr.2004 特に問題はなかったが(7月12日)
  • ページのトップへ戻る