ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1972 そこそこの幸福感(6月10日)

 一昨日あたりからつかんだ人生を幸せに生きる考え方「もうすでに幸せである」をベースに昨日も生きた。農作業(畑の畔上げ・トラクター洗車・草刈り・黒大豆の箱「セル」播き等)や職場出勤、トレーニングに村の会議等いつものようにバタバタ過ごしたが、そこそこの幸福感は感じながら一日中過ごすことができた。

 「そこそこの幸福感」で良しとするのが良い(何事も求めすぎない:足るを知る)のだから、3日も幸福感が続くとは、今回のさとり結構いいかもしれない。

 こんなんでは物足りないと思われる方もあるかもしれないが、「人と比べない」「人の評価を気にしない」等のこれまでの幸せに生きる知見から言っても、人はどうであれ自分が納得で、幸福感を持って日々を上機嫌に生きられるのなら、それで良しとしたい。

 村の集会で、「この前の自治会総会で…」と言われて、「すみません欠席してましたもので・・・」と言ったら、「議長をしてもらったので議事録に署名してください・・・」と言われて、「議長をしていたのに出席したことを忘れるとは」というショックはあるものの、今日も「既に幸せ」の悟りで、そこそこの幸福感を持って一日が終えたいと思います。皆様、ドクター幸福感もう少し続いたら、この考え方お試しあれ。人は人ですけどね。

 ☆昨日そこそこの幸福感で過ごして出来上がった、黒豆の箱播きに太陽シートを被せたところ。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年6月12日
    Dr.1974 検証続く(6月12日)
    2024年6月11日
    Dr.1973 かつかつです(6月11日)
    2024年6月10日
    Dr.1972 そこそこの幸福感(6月10日)
  • ページのトップへ戻る