ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1843 覚えてますか(1月19日)

 スポーツセンターで、市内で校長をしていた時の教え子夫婦に出会った。子どもの習い事(バスケ?)の送迎に来ていたのだった。まず旦那のほうが「丹後さん」と言って近づいてきた。ちょこっと話をしてるところに、奥さんがやって来て「ほら、丹後さんやで」と言ってうながした。

 こどもは三人いて、市内の小学校に通っているらしい。奥さん(これも教え子です)は、「ほんとに私たちのこと覚えてますか」とせまってきて、最後は「子育て環境よくしてくださいよ」と念押しされた。去り際に一番下の子は手を振ってくれ、年上の子は同じように手を振ろうとして(年頃なのか)ちょっと恥ずかしそうに躊躇した。子どもは可愛い。

 市内では時々教え子に会うことがあって、何人かは教え子同士で結婚している。いろんな場面、いろんな立場で出会うが、みんな元気に幸せに暮らしてほしい。

 スポセンでは、教え子に会うことも、新しい人と出会うこともある。やはり短時間のスポセン通いはやめられない。

 ☆教え子や新しい出会いもあるスポーツセンター入口。今夕も又ひと汗流して、後の一杯行けますように。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年3月2日
    Dr.1882 いろんな人に出会う(3月2日)
    2024年2月29日
    Dr.1881 日常のインパクト(2月29日)
    2024年2月28日
    Dr.1880 若者の意欲(2月28日)
  • ページのトップへ戻る