ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.181 はっけよい(10月30日)

村の神社の秋祭りがあり、子ども奉納相撲の行司役で参加した。小学生男子のちびっこ相撲は祭りのハイライトでもあり、ドクター達もやってきた伝統行事だ。もう何十年も続いているが今年の奉納相撲参加男子は1年生3人、5年生1人、6年生1人の5人だ。来年は6年生が引退するので存続の危機だ。今年も東西に分かれると東二人に西三人で東同士、西同士、6年対1年、5年対1年の取り組みもやって何とか成立した。しかし取り組みはどれも力が入った見ごたえのあるもので中には負けて悔し泣きする子まで出るほど熱いものだった。特に6年生体5年生の千秋楽の一番は大変な熱戦、大一番だった。対戦中ずっと行司役のドクターは「はっけよい のこったっー のこったー」と叫び続けた。この「はっけよい のこったー」の詳しい意味は省くが(知らないだけだが)、これを連呼していると何だか元気が湧いてくる。人生の応援歌にも聞こえた。何事にも人生の生きるヒントをつかみ取りたがるドクターとしては、負けて泣くちびっこ力士にも「人生に勝ち負けは付き物。大事なことは負けを次に生かすことだよ」と呼びかけた。泣いてる1年生には通じなかったようでその子は泣き続けていたが、いつかこの日のことを懐かしく思い出すことがあるだろう。その時にはこの経験を是非生かした人生を送っていてほしい。

☆秋晴れの中行われた村の神社の秋祭り。

 

☆盛り上がるお餅撒きと奉納相撲ちびっこ力士と人生訓好き行司ドクター。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月19日
    Dr.776 連休ですか(9月19日)
    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
    2020年9月17日
    Dr.774 初体験(9月17日)
  • ページのトップへ戻る