ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1774 監督の涙(11月6日)

 丹波篠山市で兵庫県の高校駅伝大会があった。昨年度男女とも優勝した西脇工業高校の監督とは顔見知りで閉会式前にお出会いしたが、今回は男子が三位、女子が二位で悔しんでおられるだろうと思い「どう言葉をかけていいか分かりません」と言ったら、いつもの表情で「こんなこともありますから」と飄々と答えられ、悔しい結果にも落ち込まず前を向いておられる逞しさに感心した。

 それから閉会式があって、優勝や入賞の学校に賞状や旗やメダルが贈られるのを壇上で見守ったが(区間賞の選手にトロフィーを渡す役があったので)、壇上への出入りの際、西脇工業の生徒さんは男女とも壇上の国旗や大会旗にきちんとした礼をした。礼をしない学校もある中、その礼儀正しさが一際印象に残った。

 式終了後にも監督に出会ったので、「西脇工業高校の選手は壇上で入りでどこよりもきちんとした礼をされていました」と伝えたら、嬉しそうな顔をされながらもその目には涙が浮かんでいた。その涙に気が付いて、口では「こんなこともありますよ」と言いながらも、胸中には深い思いがしたためられている監督の気持ちを見落としていた自分自身の不明をわびた。

 こうした深い思いと、それを胸中に秘めた明るい元気さが、県や全国に通じる選手を育てるのだろう。ドクターも表面的な明るさには共通する部分があっても、胸中の深さの差を感じた監督の涙でした。

 ☆兵庫県高校駅伝大会閉会式最後の礼。皆様お疲れさまでした。悔しさも含めて、この大会での学びを人生に生かしてください。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年6月20日
    Dr.1982 次の頑張り(6月20日)
    2024年6月19日
    Dr.1981 できることをやる(6月19日)
    2024年6月18日
    Dr.1980 どう考えるか(6月18日)
  • ページのトップへ戻る