ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1724 同じ話題ですみません(9月12日)

 このところ、稲刈りと、動かなくなったコンバインの話を何度か書いているけど、今回も又その話ですみません。

 コンバインを持って帰ってもらった農機具屋さんから電話があって、修理には27万円かかるという。耳を疑った。27万円と言えば、お米の収穫代金の半分くらいになる。今回の修理は、動かなくなったハンドルの部分をなおすだけなので、全ての作業が終わった後に出す整備代がまた10数万円かかるので、苗代や肥料代・燃料代等を差し引いたら赤字だ。

 この厳しい現実の前に立って、どう落ち込まないでいられるか、また実践が問われている。もうそんなに実践要りませんけどと言いたいところだが、そうも許してもらえない。

 まだ乗り越えられたかどうかよくわかりませんけど、先ずは「仕方ない。高額と言っても稲刈り途中の田んぼをそのままにしておくわけにはいかない。その金額で修理お願いします」と伝えて、ため息ついて、話しやすい人に愚痴って、他の業務に打ち込んでこの話題を忘れるという対応をしている。

 この試練は何をドクターに伝えようとしているのか等と考え出すと悶々が続くことになる。これまでの人生も、良いこともあれば、一見よくないこともあった(でも後から考えると、そこから教訓を得ることはできた)。今回も、自分に起こることは受け入れ、前を向いて、できることをしていく。あんまりそこに考えを止めないのがよさそうだ。

 と言っても、まだこの話題を書いているほどだから、完全には払しょくできていないが、今朝は金額を聞いた昨日よりは少しはましだ。そうだ、今回のことは人に話すネタや、ブログに書くネタにはなった。

 まあ世の中起こることは起こる。起こったことは受け止めながら、次に進んで行きましょう。ドクターもボチボチ頑張りますわ。

 ☆昨日は写真撮ってる余裕もなかったので、昨日載せた写真の縦版ですけど。こんなんで乗り越えられるのでしょうか。乗り越えられるかどうかはともかく、まあ前へ行くしかないですものね。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年6月20日
    Dr.1982 次の頑張り(6月20日)
    2024年6月19日
    Dr.1981 できることをやる(6月19日)
    2024年6月18日
    Dr.1980 どう考えるか(6月18日)
  • ページのトップへ戻る