ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1687 村の役(8月4日)

 村の役として、水利組合長をしている。組合長と言うほど水利を知っている訳ではないが、昔から水利役員をやっている人が「長」は嫌だというので、「長」にあんまり抵抗のないドクターが引き受けたのだ。

 組合長だから、いつため池の水を落とすかの決定はするが、それとて村の人から要望があれば、役員で協議して決めるから、組合長が一人で決めるという訳ではない。年に何回かの役員会の案内はつくるが、予算決算は会計の方がやってくれるし、行事と言っても特に新しいことをやるわけでないので、そんなに難しいという訳ではない。

 それでも、できるだけ水利に関することには関わって行くようにしている。この間も、ため池管理の講習会に出たし、今朝も池の樋を抜くので、最初の水が流れてくるまで水の関所ポイントで待っていた。ゴミなどを取り除き水が下流に流れのを確認するためだ。

 昼間にある行事は出られない場合もあるが、これもご縁で引き受けさせてもらっている間は精一杯水利組合長の仕事をやっていきたい。村の一員として生きている限り、その村での仕事はやっていかなければならない。どこの社会でも、属している以上やらなければならないことがある。

 ☆いつものトレーニング終了時の空の様子です。その日のやるべきことによって、終了時刻は変わりますけど。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年6月20日
    Dr.1982 次の頑張り(6月20日)
    2024年6月19日
    Dr.1981 できることをやる(6月19日)
    2024年6月18日
    Dr.1980 どう考えるか(6月18日)
  • ページのトップへ戻る