ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1623 教え子との再会(5月26日)

 かつての教え子に再開する機会を得た。高校校長だった時に、就職先の下見に連れて行った生徒だった。あんまりないことなのでよく覚えている。

 町役場に就職して8年ほどになるという。3つ目の部署で、結婚もしたという。今度新たな職務に挑戦するかもしれないという話をしてくれた。

 「リミッターを外せ」とかってドクターが言っていたことを覚えていて、偶然の再開を機に背中を押してほしそうだった。「リミッターを外せ」のセリフはうろ覚えになりそうだったが、この頃よく使う「置かれた場所で、自分らしく」の言葉を贈って励ました。

 自分の意思も含めて、自分が置かれることになった場所(呼ばれた場所)で自分らしく(自分の良さを発揮して)精一杯やればいいんだということを、かつての教え子にも自分にも言い聞かせた。自分の意思は大事だが、意思だけで世の中が動いている訳ではない、一見自分の意思のように思えてもそれには、いろいろなご縁や大きな意思の力が働いている。

 そこに身を置いて、精一杯やっても花が咲くかどうか(結果が出るかどうか)は諸条件による。花が咲くかどうかを気にせず、置かれた場所で自分らしく動けばそれでいい。置かれた場所に行くのに躊躇は要らない。自分をこの世に生かさしめている大きな流れを信頼して、飛び込んで行け、そんな声掛けをしたかな(それらしきことは伝えたと思うが、上手く伝わったかしらん)。

 ドクターの思いが伝わったかどうか、そして彼女がどう動くかも大きな意思の思し召しによる。後は元気に応援するだけだ。

 ☆かつての教え子に会う機会を与えてくれた会合。この総会が、教え子の勤める町役場の隣のホールであって再開することが出来た。そこで「呼ばれた場所で自分らしく」の声掛けが出来た。これも大きな力のご縁です。ボチボチ精一杯流れに身を任せよう。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年5月19日
    Dr.1952 バタバタな日(5月19日)
    2024年5月18日
    Dr.1951 老化に抗う(あらがう)(5月18日)
    2024年5月17日
    Dr.1950 テンション上がる冒険現場(5月17日)
  • ページのトップへ戻る