ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1503 後輩(1月8日)

 出身高校で高校の先生になっている人の集まりがあった。連絡と都合が付いた人が集まっただけなので全員ではないが、私が2番目に齢いった参加者で、一番若い人は24歳とか言っていた。

 県下いろんな学校で先生や管理職、OBをやっていて、近況や在学時の思い出を話した。ドクターはここでも、流れとご縁に導かれた人生を語ったが、後輩の若い先生には「ご縁やお誘い、お勧めがあれば、指導主事や管理職も含めて思い切ってチャレンジしてほしい」と話した。

 先輩の話をそのまま聞く必要はないが、一つの参考として、流れやご縁に従って機嫌よく生きてきた(いろいろあったとは思いますが、何とかこれまで生きている)人がいて、柔らかく生きることを勧めている人がいるということは心に留めてほしい。

 ドクターが話した後、一人の後輩が話しかけて来てくれたのは嬉しかった。たいした話をしてあげることが出来なかったのが悔やまれるが、考えて見れば大したことはしてきてないので仕方がないか。

 後輩の皆さんには、これからも、いろんな経験やいろんな人の話を聞いて、まだまだこれから広がる自分の人生を、楽しく幸せに歩んで行ってほしい。後輩のついでに自分の今後の人生に幸あらんことを。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2023年2月3日
    Dr.1526 厳しい状況(2月3日)
    2023年2月2日
    Dr.1525 前向きに生きる(2月2日)
    2023年2月1日
    Dr.1524 心を整える(2月1日)
  • ページのトップへ戻る