ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1472 快楽と幸せ(12月6日)

 今日の新聞に、「快楽と幸せ」についてのお話が載っていた。「快楽」はその楽しい時間が短く刹那的で、「幸せ」(幸福)はもうちょっと期間が長く芯まで届くというような趣旨だった。だから、「快楽」ではなく、「幸せ」を人生の目標にしましょうみたいなことだと思われる。

 確かに「快楽」は刹那的で持続しないし、それをより長くしようとすればいろいろと無理が生じる。これまた確かに「幸せ」は永続してよいものだが、気を付けないと、それに慣れてしまって有難さや充実感を忘れてしまうという留意点もある。

 ドクター的には人生には遊びやゆとりが必要で、その遊びの中に「快楽」もあり、ゆとりの内に「幸せ」を感じるチャンスが入ってくるように考えている。

 遊びは広く、イコール快楽追及でないことは言うまでもない。人生の時間の中心は、「幸せ」を感じて生きて行きたい。今の生活の中にある「幸せ」に気付くことから始めて、「幸せ」のアンテナ感度を高くすれば、日々の生活にある凸凹の出来事の凹の時にも「幸せ」を感じることが出来るようになる。

 人生の仕事や住むところ、誰と暮らすか等には自分の意思に加えて「流れ」が大きな存在としてあると思っているが。ドクターとしては、自分の意思の中にさへ「流れ」の存在が大きいように考えているほどですけど。

 そこで、どのような流れでどのような日々になろうとも、自分の考え方で「幸せ」を感じて行けるような人生観を磨きたい。それが出来れば、どこに住もうが、どんな仕事をしようがそれほど大事(おおごと)ではなくなる(だからと言って仕事等がどうでもい良いなどとは思ってませんよ)。

 ☆バタバタの人生(毎日)の中で、こんな景色を見る時間がありました。幸せなことです。まだ修行が足りず、すぐ忘れてしまいますけど。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2023年2月3日
    Dr.1526 厳しい状況(2月3日)
    2023年2月2日
    Dr.1525 前向きに生きる(2月2日)
    2023年2月1日
    Dr.1524 心を整える(2月1日)
  • ページのトップへ戻る