ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1430 結局まあいいか(11月12日)

 いろいろと心配なことは増えてくる。人の名前はどんどん出てこない、腰が痛くなって長い間たっていられないなど不安材料には事欠かないけど、不安に思い煩っていれば何とかなるわけでもないし、余計に悪化するとも思われるので、結局どこかで心配思考をやめた方が良い。

 そのきっかけに「まあいいか」が効く。大きな声で「まあいいか」と叫んで、心配連鎖に区切りをつけ、残存能力・残存資産(お金だけの意味ではありません)で日々を生きて行くしかない。「行くしかない」と言ったが、本当は「生かされている。まだまだ生きている。出来ることもある。幸せだ。ありがとうございます」というのが正解だ。

 気を付けないと、心配や不満が先に来てしまうので要注意だが、つい心配思考に入ってしまうのが人間なので(ドクター説)、そこから抜け出すのにも「まあいいか」がとても役に立つ。

 もっと言えば「まあいいか」の中には、諦念・感謝・流れに従って生きる覚悟・喜びなど、ドクターが人生を生きて行くのに必要と思うことが包摂されているとても素晴らしい言葉(「悟り」かもしれない)だ。

 ドクター人生を一言で表すなら「まあいいか人生」、これでいきたいとさへ思う。世の中には「まあいいか」を消極的・ネガティブに扱う風潮があるのがちょっと残念だが、そういう周囲や他人を気にするなという教えも入っている「まあいいか」、結局これで生きて行きますわ。

 ☆「まあいいか」とともに元気に歩んで行くドクター人生。バタバタな日々ですが、ふと足元を見てみるととてもきれいな葉っぱがありました。ありがたいことです。まあボチボチ行きましょう。悩みに出会ったら「まあいいか」で終止符を打って、笑顔と上機嫌に戻りましょう。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年4月14日
    Dr.1922 農業期の土日(4月14日)
    2024年4月12日
    Dr.1921 元気な人たち(4月12日)
    2024年4月11日
    Dr.1920 良いことも悪いことも(4月11日)
  • ページのトップへ戻る