ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1205 卒業式(3月1日)

 今日は多くの高校で卒業式が行われる。卒業式だけでなく、こうした式典や式典でなくても何らかの区切りの日は、人生に何度かやってくる。

 区切りは一日または一瞬だが、人生はその前も後も切れ目なく続いている。だけどこうした区切りには、これまでを振り返ってこれから先を思う好機だ。竹も節があるから大きく成長できる。

 節があると安定するからと言って、いつもいつも節だらけ、振り返りだけでは前へ進めない(成長しない)。普段は何も考えずにがむしゃらに、または一日を精一杯生きるという、後先をあんまり考え過ぎずに生きる時間が必要だ。

 ともかく卒業式。そう何度でもあるわけでない区切りを味わい、その先へ進んで行ってほしい。先ずは、区切りに到達できたことを喜び、感謝し、これから先を希望を持って歩みだす機会にしてほしい。

 未来は心配があって当然だけど、節目まで生きて来て言えることは、心配があっても何とかなる、人生なるようになるという確信だ。これまでの人生に感謝と自信をもって、未来をお気楽精神で機嫌よく生きて行こう。自他を励ましながら。

 ☆写真は予定していた画像が見つからず以前のものです。この写真探しのように未来は予定通り出にはいかないけれど、何とかなります。ご卒業の皆さん、おめでとうございます!未来に向かって歩み出そう。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年6月27日
    Dr.1304 自然の中で(6月27日)
    2022年6月26日
    Dr.1303 やはり何か(6月26日)
    2022年6月24日
    Dr.1302 いつまでいけるか(6月24日)
  • ページのトップへ戻る