ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1194 失ったものを数えない(2月16日)

 職場の若者と話していて、ドクター「この頃はお昼はおにぎり一個です」、若者「そんなんでお腹すきませんか」、ドクター「食べよ思ったら食べられるけど、カロリー採り過ぎだから控えている。菓子パンも昔は良く食べてたけど、最近は食べないようにしている」みたいな話をした。

 齢を取ると制限が多くなったり、若さや体力など失くしたモノが多くなったりするけど、失くしたモノを数えず残っているもの、逆に齢を取って得たもの(経験やこだわらない態度など)に焦点を合わせて生きて行きたいなどと話した。

 人生でいつの時代が一番良かったですかと考えて「それは今です」と答えたいとは思うが。思い出して考えて見ても、どの時代にも良いことも悪いこともあった。今から思い返すと、良かったことの方が多く思い出すが、もう少し考えるとしんどかったことも思い出す。

 いつの年齢でも楽しいこととしんどいことがあるということが、この齢になって分かる。だから楽しいことは味わい、辛いことはやがて終わると気にしない、こんな生き方ができつつあるのも齢を取った利点だろうか。

 ともかくプラスを見て、いけるところまでボツボツ生きて行きたい。

 ☆市役所ロビーで行われている景観写真展。美しい面が写っている。それでいいんじゃないでしょうか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年10月3日
    Dr.1394 手を振る幸せ(10月3日)
    2022年10月2日
    Dr.1393 良い季節・恵まれた境遇(10月2日)
    2022年10月1日
    Dr.1392 忘却力 その3(10月1日)
  • ページのトップへ戻る