ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.113 夜の気がかり(8月17日)

気がりがあって夜中に目が覚めることがまれにある。かつての気がかりは、生徒のことだったり、職員の事だったり、保護者の事だったりだったが、定年退職してからはこれらのことは関係ないので何も気がかりなことはないはずなのだが。昨夜途中で目が覚めて眠れなかった気がかりは、先だっての豪雨で壊れたままになっている橋の修理のことだった。橋と言っても、我が家の作業小屋の前を流れる川を渡るだけの小さな橋だ。去年コンクリートで新築したその橋自体は無事だったが、その周りの土の部分が増水で洗い流されて壊れているのだ。隣の人に教えてもらったセメント技術で自力で補修しようか、前に作ってもらった業者に依頼しようか迷っていたのだが、やはり餅は餅屋ということで、無理はしないで業者に頼もうと決めてからは落ち着いていられたのだが、昨日その業者の連絡先が分からないことが判明し、そこから俄然自分で直さなければならないと思い込んだようだ。「ようだ」というのは、自分のことなのに変だと思われるかもしれないが、昼間は他にすることもあってそんなに気にしていなかったのに、無意識化では気になっていたのか、夜中のトイレ起き後に急にその気がかりが去来して離れなくなったのだ。もっと大きな悩みを抱えている人や現役時代の自分の悩みとも比べても屁でもないような悩みなのに、気がかりとしては一丁前に自分を眠らせてくれない。悩みの大小は客観的な基準では決められないというのか、決めたとしても自分にとっては今の自分の気がかりがやはり大きな悩みになることが分かった。このことに気づいてからは、これを明日のブログ(今のこれです)に書こうと思って、今度は内容を忘れないかが気になって眠れなくなった。といってもその内寝てしまいましたけど。

☆昨夜のドクターの夜の気がかり「橋の修理」の橋です。ブルーシートをかけているところが壊れたところです。こんな気がかりでも夜寝られなくなるのだから、大きな気がかりの人はホントに大変でしょうね。全ての人の快眠をお祈り申し上げます。ドクターの「夜寝られない」は昼寝と寝る時間の早さ(20時頃)のせいかもしれませんけど。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月27日
    Dr.834 世の中は狭い(11月27日)
    2020年11月26日
    Dr.833 レベルの低い感謝(11月26日)
    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
  • ページのトップへ戻る