ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.968 すべてがご縁・運(5月26日)

な・な・なんと教育委員会のあるフロアの奥の壁に河合隼雄先生の「ふたつよいことさてないものよ」の直筆サインが飾られていた。かつて本市を訪れたご本人に書いてもらったものだという。このドクター座右の銘がこんな近くにあるとは。そして、それについて触れた(書いた)ばかりのこのタイミングで見つけるとは。お導きというのか、ご縁というのか、自分が今この場にいる流れを感じる。こんな不思議な運は時折感じることがある、というより自分の人生はすべてこの運・ご縁・お導き(総称「流れ」)によって進んでいるように思う。子どもたちに夢や志の大切さを説く立場としては、大きな声では言いにくいが(公式ブログでは書きにくいが)、人生は自分の頑張りだけで何とかなるほど単純ではないように思う。頑張り(個人の意志)の力も人生を決めるのに大きな要素だとは思うが、ドクター理論では、その時期にどの程度の頑張り力が発揮できるかも流れによる。だから何も努力しなくても良いという訳ではないが、努力する気持ちが湧いてくることや努力できる環境にいることは、自分の意思だけの問題ではないということだ。このことと、河合先生の言葉を総合して、人生はやる流れになったことをその時出来る最善で取り組んだら、後は結果に一喜一憂せず、「良いことばかりは続かないし、悪いことばかりでもないのが人生」と思って、たんたん丹後と生きていく(結果を受け入れていく)。ここまで生きて来て、このような人生観にたどり着いている(これも流れで)。夢多き子どもたちには不適な人生観かもしれないが、悩みやすい大人にはお勧めの納得の仕方だと思って紹介してます(主としては自分に言ってます)。良かったらドクターと一緒に流れを信頼したお気楽な人生を歩みませんか。

 ☆流れで堀端を歩いていて偶然出くわした鳥の羽ばたき。このように、全てが流れ(導き)のような気がする。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2021年6月22日
    Dr.988 出たがり症(6月22日)
    2021年6月21日
    Dr.987 友の力(6月21日)
    2021年6月20日
    Dr.986 脳力活性プログラム(6月20日)
  • ページのトップへ戻る