ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.762 神のご加護(9月5日)

昨日は雨の予報が出ていたが、本格的に雨が降る前に稲刈りが出来た。降ってきたら止めようと、軽トラに積んだ米コンテナとコンバイン用のブルーシートを持ちながらの作業だったが、何とか予定の田んぼを刈り終えシートを被せた途端に雨が降ってきた。刈り取り作業にしても、いつもは水が溜まっていてコンバインが通れず手刈りしなければならない箇所があるのだが、今回は何とか機械で刈れたり、その機械も動かないようになりそうな時が2~3回あったが、何とか最後まで動いてくれたりした。これを「神のご加護」と言うのだろう。特定の神ということでなく、「困った時の神頼み」の「神」だ。人知・人力を超えた存在を確かに感じる。人の役割としては、人事を尽くすことと、人知を超えた存在(神)に好かれるような言動を心掛けることだと思う。決して利己的だけであってはいけない。ドクターが普段からそれほど立派な言動をしているという自信はないが、天命(流れ・ご縁)でやってくる役割は引き受けるように心掛けていることと、人知を超えた存在(神)に対する畏敬の念は持ち続けている。それが良かったのか、今回の天候や機械運に恵まれた稲刈りとなった。こんなことがあると益々、そうした大きな力の存在を認めたい。大きな存在への賛否はおいといても、全てが人間の力で何とかなうるという思い込みは傲慢な生き方につながる心配がある。「神のご加護」に感謝して無邪気に喜ぶ、そういう生き方でこれからも行こう。

 ☆雨降り前に稲刈りを終えることが出来たのに加えて、息子と一緒に農作業が出来た。これも神のご加護と有難く嬉しく思っている。神様ありがとうございます。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
    2020年9月17日
    Dr.774 初体験(9月17日)
    2020年9月16日
    Dr.773 足し算命(9月16日)
  • ページのトップへ戻る