ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.434 ちょきん(8月29日)

定年後生活に必要なものとして、「きょういく」「きょうよう」は有名だが、同じような感じで「ちょきん」というのもあるらしい。ご存知のようにこれらは、これらの言葉を聞いてまず思い浮かぶ「教育」「教養」「貯金」ではなく、「今日行く」「今日用」「貯筋」のことだと言ってその意外性でまず関心を引き、後者がそれぞれ定年後生活充実のために必要だという一理ある説明で多くの人を納得させる。今日行くところがある「今日行く」と今日やる用事がある「今日用」は、定年退職後の居場所の必要性を言ったもので、居場所もなく家に引きこもっていると自己の存在意義(自己肯定感)が感じられなくなって精神的に不安定になりうつ病になったり不健康になったりする危険性があるので、それを取り除くためにも、その日に行くところややる事があるように心がけようということだ。そして、その場所に行ったり用事をやったりするためにも健康で筋肉が必要と言うことで、筋肉を蓄える「貯筋」が出てくるという説明だ。定年後生活2年目に入るドクターとしては、何もしないで家にいることの虚しさや危険性を身をもって感じ、「今日行く」「今日用」の大切さを実感したので、積極的に何でも引き受け手帳が毎日予定で真っ黒になるように心掛けているが、今日行くところや趣味も含めた用事を入れるためにも「教育」や「教養」と言った知識や素養はあった方が良いので、本来の意味での「きょういく」「きょうよう」も大事だと思う。同じように「ちょきん」も老後生活の経済的安定のために本来の意味の「貯金」も大事だ。さらに思うのは「今日行く」「今日用」はなくても自分はゆっくりしたいので大丈夫という人はいるかもしれないが、老後生活を維持する貯金と健康を維持する筋肉が要らないという人はいないと思うので、「ちょきん」は他にも増して大事だということだ。
 ☆今日の用事で言った場所で見かけた検診の車と筋肉の貯筋のために言ったトレーニングセンター前のドクター。定年の前でも後でも健康は大事ですね。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年12月2日
    Dr.838 ただ何となく(12月2日)
    2020年12月1日
    Dr.837 本来無一物(12月1日)
    2020年11月29日
    Dr.836 すごい人も(11月29日)
  • ページのトップへ戻る