ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.398 上質世界(クオリティー・ワールド)7月17日

Aテレビのアナウンサーにお会いする機会があってご一緒に写真を撮ってもらった。ドクターは朝は別のテレビを見ているのであまりよく知らなかったが、知る人ぞ知るよく知られた方らしい。有名人とは知らなかったが、礼儀正しくオーラのある方だった。人にはそれぞれ自分の大切にする価値観の世界があって、それを選択心理学では上質世界(クオリティー・ワールド)という。人によって上質世界は違うので、その人にとってはすごく大切なものでも他の人にとっては何ということもないということがある。この日会ったテレビアナウンサーを上質世界にいれる人にとっては一緒に写真を撮れることは夢のような素晴らしい出来事だろうが、そうでもない人にとってはそこまでは感じない。有名人と写真を撮れてラッキー、これで知人に自慢できるって感じだ。ここで大事なことは、人それぞれ違う各自の上質世界を尊重することと、教育界にあるひとにとっては自分が子どもの上質世界に入れてもらえるような存在になることだ。もしその子どもの上質世界にあなたが入れたならば、その子はあなたにあこがれあなたのようになろうとする。あなたの言動の影響は大きく、大きな声を出さなくても一言一言を子どもは大切にする。上質世界に入っていない先生・指導者がいくら大きな声で説明・説教しても、なかなか子どもには届かない。問題はどうすればその子の上質世界に入れるかだが、ポイントはそんなことを気にせず自分が活き活き自分の世界を生きるということだ。
 ☆あなたの上質世界は何ですか?ドクターの上質世界に入っている冒険教育、その創始者のひとりカールロンキにサインしてもらった枡。ドクターにとっては宝物だが、冒険教育が上質世界でない人(世間の大半か)にとっては「何なん、それ?」って感じでしょうか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月26日
    Dr.833 レベルの低い感謝(11月26日)
    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
  • ページのトップへ戻る