ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.397 多様な価値観(7月16日)

高校剣道部同窓会ライングループでY君の「今日はT市の敬老会マジックショーに出演してきました」というメッセージが載った。定年後、再雇用で働いてる人もいれば、家族の介護、自分の会社経営、今回の趣味マジック(トークがおもろいらしい)、そしてドクターの流れ任せのお仕事など、みんなそれぞれの事情や価値観で生きている。概して日本社会は同調圧力が強い社会だ。みんなと同じでないとだめらしく、変に目立つと圧力がかかって生きにくい。特に学校や若者にはこの傾向が強くって大変のようだ。われわれのように年齢とってくると、いろんな生き方があって良いというのか、自然とみんな違った生き方・価値観になってくるので同調圧力はそれほどでもなくなる。若者や圧力に敏感な方にはどうか思いつめることなく、何とか耐えて自分の生き方・自分の価値観で生きていいんだとという時期が来るのを信じてがんばってほしい。そうはいっても世間の圧力が相当強いのはドクターにも経験がある。常に生徒の側にいて校長室にじっとしていない校長生活だったが、伝統的な校長像とは違うらしく、当初は随分先輩や職員からいろいろ圧力があった。それでも我慢して(正確には気にせず)自分のスタイルを貫いてると、次第に周囲も認めてくれるようになってきた(というのかあきらめるようになってきた)。「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない」というやつでしょうか。ともかく世界的には日本よりも多様な価値観が一般的だ。最近は世界的にも自分の価値観を押し付ける潮流が出てきているのが少し心配だが、こんな時こそ多様な価値観、特に自分と違う価値観・行動様式の人を認めよう。
 ☆市民センターに掛る「本能寺の変の謎は丹波篠山にあり」というキャッチコピーが入った2020年大河ドラマ推進ポスター。明智光秀謀反の理由は諸説あるが、丹波篠山では母親の磔がその原因の一つではなかったかという説を推す。ここでも多様な価値観を大切にしてほしい。市大河ドラマ推進委員長としてもお願いします。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2019年12月4日
    Dr.524 上手く行かない日(12月4日)
    2019年12月3日
    Dr.523 ITと神頼み(12月3日)
    2019年12月2日
    Dr.522 起業家のその後(12月2日)
  • ページのトップへ戻る