ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.185 ヒント(11月3日)

現役時代から今まで何か話を頼まれた時のタイトルは「絶こうちょう教育のヒント」「お気楽な生き方のヒント」「ヒントでピント」など、「・・・のヒント」というのを多用してきた。「ヒント」というと、ドクターの話しから自分の生活にどう活かすかはあなた次第ですよという感じが出て、話す方としては気楽に話せる。なんせドクターが話すのは「ヒント」なのだから、そこから学びを得るかどうかは聞く人にかかってますよと講師の責任転嫁が出来て都合が良い。でも実は「ヒント」というタイトルにはこうした姑息な理由だけでなく、ホントに講師の話を自分の生き方に活かすのはあなたの腕にかかってますよというメッセージが含まれている。講演会の学びだけでなく、冒険教育ワークショップにしても、本や自分の体験にしても、そこから学びを引き出し自分のリアルの生活に活かせるかどうかは本人にかかっていると思うのだ。そこでドクターの最近の一番の関心事「定年後人生の充実」について様々な本から「結果にこだわらずプロセスを楽しむ」「孤独への耐性をつけておく」「夫婦二人の時間をつくる」「1日を無事に過ごせたことに感謝しよう」などの沢山のヒントを得たが、問題はそのヒントをどう実際の生活に活かせるかだ。どなたか「ヒントを現実の生活に活かすヒント」をくれないだろうか。

☆レンズを交換してもらって復調したカメラで撮った近所や自分ちの庭の写真。

 

 

☆さてこのお気楽な人はこれらの自然から充実した生活のヒントを得られたでしょうか?ヒントはこの顔の表情にあります。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2021年5月7日
    Dr.957 自他を見つめる(5月7日)
    2021年5月5日
    Dr.956 小休止(5月5日)
    2021年5月4日
    Dr.955 お元気ですか(5月4日)
  • ページのトップへ戻る