ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1759 しつこくてすみません感謝(10月21日)

 「感謝の心を持とう」ばかりの話ですみません。でも、まさに今回も感謝の気持ちしかありません。

 一つは、保育園の黒豆収穫を手伝う地域のおじさんとして、黒豆畑の収穫準備(黒豆が倒れないように張った線の撤去等)をしていた時のことだ。大きな蛇が現れて棒で追っ払おうとして、余計に収穫予定の畑に逃げ込んでしまったこと。このまま蛇がいる畑で黒豆収穫しては危険だし、蛇を見かけた園児は黒豆刈りどころの話では無くなり、下手をすると田畑は怖い所と言う印象をもたせてしまうかもしれない。

 どうしたものかと悩んでいると、また蛇が姿を現し、今度は棒で引っ掛けて、対岸の空地へ飛ばすことができ、園児たちは大満足で黒豆収穫体験をすることができた。

 もう一つは、出張で高速道路を運転している時、急に目の前に若者運転の車が突っ込んできて、ドクター車を横切って、反対側の分岐路へ突っ走っていったこと。危うく接触して大事故に繋がるところだった。こちらは制限時速を守り通行車線を真っすぐ運転しているだけだとしても、無茶な相手に接触されれば自分も危ないし、後続の車も巻き込んだかもしれない。本当に命が助かったのも、天のお陰と心から感謝した。

 こんな感じで本当に日々の生活で感謝することは多い。もしかしたら、ドクターは大きな力に助けられてこそ今生きていられているのかもしれない。そう考えれば、いくら感謝し、奉仕してもし過ぎることはない。本当にありがとうございます。

 ☆この畑で園児たちに黒豆収穫体験してもらうことができました。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年5月20日
    Dr.1953 ちょっと痩せました(5月20日)
    2024年5月19日
    Dr.1952 バタバタな日(5月19日)
    2024年5月18日
    Dr.1951 老化に抗う(あらがう)(5月18日)
  • ページのトップへ戻る