ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1702 こつこつ活動(8月21日)

 出身小学校の150周年記念事業の一つで、小学校の講堂(体育館)で出し物があって、見に行った。熱い中ではあったが、小学生全員による校歌の合唱などもあり、熱いステージだった。

 出演者の中に、沖縄の歌と踊りと演奏をするグループがあり、子どもから大人まで、男性から女性まで意欲的な表現で魅せられた。

 帰りに、その代表の方から「以前に(村祭りのステージで)お世話になりました」と声をかけてもらった。こちらこそ、村の祭り担当として、出演者を誰にするか困っている時に助けてもらった。「あれから、団員も増えてますね」と返したが、本当に地道な(舞台や衣装は派手ですが)活動をこつこつと続けられている姿には頭が下がる。

 代表をはじめ古くからのメンバーのお人柄が良いので、長く続き、若者や女性も含めて多くの方が参加されているのだと思う。もちろん、沖縄民謡の魅力はあると思うが、やはり長年持続、発展させるには、中心になる人の熱意とお人柄だと思う。これからも活動が続きますように。

 ☆長く続いている沖縄民謡グループの舞台

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年6月12日
    Dr.1974 検証続く(6月12日)
    2024年6月11日
    Dr.1973 かつかつです(6月11日)
    2024年6月10日
    Dr.1972 そこそこの幸福感(6月10日)
  • ページのトップへ戻る