ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1245 過去の財産(4月16日)

 県下の教育長会に参加したら、その中のお一人に親し気に声をかけていただいた。その教育長のかつての教え子のお子様がドクターがいた学校に通われていて、当時の校長だったドクターの話しを聞かされて親近感がわいたということだった。

 その後本庁の教育委員会を回ったら、各課長や課員に知り合いが多くおられて過去の交友関係を活かしてお話しすることが出来た。

 県庁からの帰り道にかつて勤務した高校へ寄ったら、新しい校長も知人で、旧知の職員の方ともあえて懐かしいお話をすることが出来た。みなさん、お世辞にも過去のドクターを美化してくれはる。まさに過去の栄光(財産)に浸った時間だった。

 過去の財産を懐かしむのは良いかもしれないが、大事なのはこれからだ。過去を褒めてもらうというのは今の評価することがないということか。

 さてこれからどうすべきだろうか。自分としては、かつても今も同じように生きている。実際「変わりませんね」という声も多く聞いた。かつてにしても当時はいろいろいう人もいたし、上手く行くことばかりではなかった。後から振り返って良い思い出だけが残るのだろう。過去は美化されるということか。

 だとすれば、なかなか思い通りには行かない今だが、過去のように精一杯やって、後から振り返って良い思い出となる可能性があるということだ。過去にしても今にしても、自分は自分らしく、子どもたちや周りの人に喜んでもらえるようにやるのが、自分も喜ばすことになる。

 そんなこんなで、やっぱり、今流れでやる事になったことを自分らしく、機嫌よく取り組んで行くしかない。それでいいし、それしかできない。みなさん、いろいろあるかもしれませんが、自分らしく出来ることに全力で(でも無理し過ぎず)取り組んで行きましょう。後から振り返って(今が過去になった時)懐かしく幸せな時間と思えるように。

 ☆県庁に行く途中で立ち寄った道の駅。ドライブ好きには良い時間となりました。ありがとうございました。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年5月17日
    Dr.1267 背中を押す(5月17日)
    2022年5月16日
    Dr.1266 いつ終わるか分からない人生(5月16日)
    2022年5月15日
    Dr.1265 熱い弔意(5月15日)
  • ページのトップへ戻る