ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1222 変化の季節(3月19日)

 年度替わりの4月が近づいて来て、人の異動の話がチラホラ聞こえてきて、新しいチャレンジをする人もいるようで、自分のことではないけど心がソワソワする。

 役職や役割の変化は無くても、2年目3年目とその立場の経験年数は変わり、その年数での1年は初めてということであり、新たな経験年数の4月が始まるのはホントに勤務場所が変わる人と同じ面もあるのかなとも思う。

 前に何度か書いたが(正確には書いたかどうかそんなに覚えていないが)、ドクターにとって一番大きな変化は4年前の校長を辞めた時だ。辞めて1~2週間、長くて1~2か月ほどはホントに解放感があった。でもそれも次第に慣れ、解放感は無くなり、退屈感が増えてきた。

 どうも自分には何かの役があって、バタバタしているのが合っているらしい。しかしまあこれもあまり度が過ぎると、しんどくなって休みたくなる。勝手なものだが、そんな勝手な思いが出て来るだろうということも織り込み済み。何せ自分の性格とは長く付き合ってきたもので。

 ちょっと褒められると調子に乗って図に乗ってやりすぎたり、それをとがめられると落ち込んで意気消沈したり、そんなアップダウンに疲れて、この頃では「流れ哲学」を自他に説き、結構自分には効果があって、少しは波(特に落ち込みの波)を少なくできているかなとこれまた直ぐに自慢げに言う。

 そんなことで、この変化の季節も流れに任せて漂って生きます。これって決して無気力・無関心ってことじゃありませんよ。心が沈みやすい者が精一杯生きて行くための術です。こんな説明(いい訳?)をしないではいられない所がまだまだ弱いですけど。でもそんな弱い自分にも慣れてきて、傲慢よりはいいと思って、自分に対する愛情はしっかりあると思います。

 皆さん、この4月どんな変化がやってくるか分かりませんけど、自分と家族を大事にする気持ちはしっかり持って進んで行きましょう。

 ☆何とか生きてると面白い人たちとも出会える面白い時間にも立ち会えます。昨日のまるいのTV出演者・スタッフと。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年5月16日
    Dr.1266 いつ終わるか分からない人生(5月16日)
    2022年5月15日
    Dr.1265 熱い弔意(5月15日)
    2022年5月14日
    Dr.1264 お別れ(5月14日)
  • ページのトップへ戻る