ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.109 120歳まで生きる友人

40年来の友人と居酒屋で旧交を温めた。積もった話やとりとめのない話をしながら楽しい時間を過ごしたが、その友人が「自分は120歳まで生きるつもりだ」と言う。「人間の寿命はそんなにないぜ」というドクターに対して友人は、「今はなくても、時代が進めば生きられるはずだ」という。どうも本気でそう考えているようだ。そして65歳か70歳くらいまで働き、80歳から念願だったペルーへ移住して、インカだったかナスカだったかネアカだったか忘れたが、その古代文明の研究をするという。「ペルーは行ったことがないから、あんたが移住するんやったら、その間に一回は旅行で立ち寄らせてもらうわ」と話が弾み、「でも、どうせ移住するんやったら、まだ体の動く70歳からの方がいいんとちゃうの」と言うと、70歳から80歳までは日本で移住や研究のための準備をする期間に充てるという。結構具体的に計画しているようだ。人生の山は過ぎたので、後は余生をどうお気楽に無難に過ごすかということしか考えていなかったドクターにとっては衝撃だった。同じ年齢の人が、人生まだまだこれからと考えているのだ。そういえば、先だって小学校の同級生の還暦同窓会をやったが、その時の同い年の参加者もこれからコンビニのオーナーを始めるとか言っていた。これらの還暦過ぎても意気軒高な人たちには刺激を受けるが、だから自分も壮大な夢に向かって歩んで行きたいと思っても、その夢がない。無理して、大してしたくもない夢を追い求めるのも無理がある。第一、つけ焼きの夢では原動力にならない。ここはやはり従来通り、「ドクターのお気楽な毎日」の実現に向かってぼちぼち生きてゆこう。でも待てよ、ひょっとしたら「日々お気楽道」「日々上機嫌道」の完成こそ、ペルー移住やコンビニオーナーにも劣らない大きな夢かもしれない。

☆120歳まで生きるという壮大な夢を持つ友人とお気楽道完成の夢を持つドクター。お互いの夢に乾杯。

☆11年ぶりの小学校クラス会。6年間一緒の仲間36人中12人の同級生と90歳の先生が参加した。90歳先生のお元気な姿こそ、ドクターのめざす夢の姿かもしれない。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月20日
    Dr.777 レジリエンス(9月20日)
    2020年9月19日
    Dr.776 連休ですか(9月19日)
    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
  • ページのトップへ戻る