ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1046 やりたいこと(8月30日)

 毎朝聞き流しているラジオ英会話で「あなたのやってみたいことは何ですか」みたいな話題をしていた(日本語の解説の部分で聞き取れた)。聞かれた若者は「楽器演奏だ何だ」と多くのやりたいことを答えていた(これも日本語解説部分で判明)。

 長年やっている英会話も含めて、そんなに殊更やりたいことがない自分に残念な気持ちになった。

 元気で(身体と頭が動く状態で)寿命まで生きたいという希望はあるが、それはやりたいこととはちょっと違う。

 世の中には80歳や90歳でもバリバリやっている人がとり上げられる。あんまり例がないから取り上げられるのかもしれない。

 現役時代はそれなりにやりたいこともあったような気がするし、何よりも仕事を全うすることがやりたいことと言うのか、それが全てだったような気がする。

 退職後の第2、第3の人生での「やりたいこと」や「生きがい」探求が難しい。でも引退後の人生が長くなっている昨今では大事な課題だ。定年を伸ばそうという動きも出ているので、それなりに悩む期間は短くなるようにも思うが、いずれにしても第一線を引いた後の過ごし方は重要になる。

 現役中、その仕事を全うするとともに、それ以外の「やりたいこと」や「定年後に携わるコト」にも意識を向けるのも大事かなと思うが、どうせやってみないと本当のところは分からない。

 現役時代を考えても、何が一番面白かったかは、自分が見つけたというよりは、成り行きでやる事になったことを後から考えて見ると、それが心に残ったと言えるような気がする。

 この感じで行くと、退職後も流れでやる羽目になったことをやって行く中で、後から考えて「あれが面白かった」ということが分かるものだろうかとも思わないでもない。

 ☆百姓も何とかやってるけど、後から(出来なくなってから)考えると、あの頃が懐かしいってなるのだろうか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2021年9月28日
    Dr.1069 剣道部仲間(9月28日)
    2021年9月27日
    Dr.1068 季節が進む(9月27日) 
    2021年9月26日
    Dr.1067 自己否定(9月26日)
  • ページのトップへ戻る