ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.94 夏太り

猛暑で大量の汗をかくのに、久しぶりに会う人には必ず「(少し)太りました?」と言われる。(少し)のところは多分社交辞令で、ホントは「かなり」「確実に」「誰が見てもわかるほどに」と言いたいのだと思う。本人もこの頃、「少し腹が出て来たかな(でも、まだまだ鍛えた体をしているな、さすが長年スポセンで鍛えてきただけのことはある、還暦超えたのにたいしたものだ)」とは思っていたが、あんまりみんなが言うので久しぶりに体重計に乗ってみた。1.5~2.0㎏ほど増えている。ショックだ。夏太りの原因を考えてみるが、①菓子パンを毎日2~3個づつ食べている(これは20年以上の習慣)、②「暑読」とか言って熱い時間帯(1日のほとんど)は自分の部屋でクーラーを効かせて、読んだり、寝たり、おやつ(菓子パンとは別のやつ)を食べたりしている、③朝ランニング(歩く人よりも遅いスピードの)で走る距離がまた短くなった、④「ドクタートラクターの更新がないですね」と西陵校務員さんに言われるほど、農作業も大してやっていない、ぐらいしか思いつかない。そうそう最近会った現役特別支援学校長には「やっぱり現役の時と違って責任感や緊張感がないからか、太って来たみたいですわ」と、さりげなく現役校長時代には自分もお気楽なだけの校長ではなかったことをアッピールした。でも、よくよく考えてみると現役の時にも「夏太り」をテーマにブログを書いたことがあるのをを思い出した。責任感や緊張感が夏太りとは関係ないことははっきりした。

☆「ドクタートラクター」に載せようと、最近穂が出てきた稲や、日照りで水を走らせた黒豆畑の写真を撮ったが、それが近距離スローランニング中とあっては、とても百姓仕事で身体を絞っているとは言えない(腹の写真はお見苦しいのでカットしました)。

 

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
  • ページのトップへ戻る